成田高等学校付属小学校

学校写真

成田高等学校付属小学校のご家庭の方へ

このページでは、成田高等学校付属小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

成田高等学校付属小学校の特長と対策ポイント

カリキュラム

成田付属小は、アットホームな雰囲気の週6日制の小学校です。土曜日の授業は午前中のみとなっています。学内には、芸術室(書道・美術室)、音楽室、理科室、図書室、コンピュータ室、家庭科室等を備えた特別棟があります。
成田付属小は、小中高の一貫制を重視しています。学級担任制と、教科担任制を併用した指導です。月~金まで、毎朝10分の読書タイムがあります。

学習のポイント

成田付属小では、小1から毎週1時間の英語の授業があります。専門の講師2名と教科担任の3名で指導しています。
算数や理科においては、先取り学習です。他の学校では習わないような関係の深い単元や学年を越えた単元の入れ替えを行っています。小6の2学期までには、小学校の全過程が終了します。
また、漢字と計算では、基礎基本の確かな定着を図るため、毎月1回「月例テスト」を実施しています。

内部進学

内部進学するには、内申規定に基づき、「成田高等学校付属中学校入学試験」を受けなくてはいけません。たとえ内部進学基準ぎりぎりで中学校に入学できても、中学校では補習が多くあり、大変です。
そうならないためにも、小学校のうちから学習習慣を身に着け、中学に入ってからも困らないようにしておくことが大切です。

ページトップへ