聖徳大学附属小学校

学校写真

聖徳大学附属小学校のご家庭の方へ

このページでは、聖徳大学附属小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

聖徳大学附属小学校は、児童数約460名・全学年3クラスの共学校です。
「生活習慣や学習習慣のなかに基盤をつくる」「音読/漢字/計算など基礎的な知識・技能の定着」「国語力と体験を通した知的好奇心の育成」という3つの基盤に基づいた学習を行っています。

算数は6年生の2学期前半で、小学校のカリキュラムを修了します。
週一回、土曜日に、5年生と6年生を対象とした、「コース別学習」を導入しています。

学習のポイント

聖徳大学附属小は、朝の読書タイム・読書感想文・漢字検定・数学など、国語と算数に主に力を入れています。国語では、小学校6年生で漢字検定の準2級習得を目標にしています。
英語の授業は小学校1年生から、週一回45分間あります。低学年では、楽しみながら習得して、苦手意識を持たせないようにしましょう。

内部進学

聖徳大学附属小では、約30%が併設中学(女子)に進学します。

ページトップへ