東海大浦安高校中等部・高校

学校写真

東海大浦安高校中等部・高校のご家庭の方へ

このページでは、東海大浦安高校中等部・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東海大浦安高校中等部・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東海大浦安高校中等部・高校について

「自ら歴史観、世界観、人生観を培い、社会に対する強い使命感と豊かな人間性を備えた幅広い人材を育成すること」を教育方針としています。

2学期制。中高一貫制・大学付属校の利点を活かし、完全週5日制のゆとりあるカリキュラム編成です。

中学では、基礎学力の定着を目指し、主要5教科では、チームティーング制を導入しています。また、授業準備と、自主的な学習習慣をつけるため、毎朝10分間の朝読書を行っています。

学力が揮わないお子さんには、夏休みなどの長期休みを利用した、指名制の補習があります。
こうした学習面でのフォローを積極的に利用しましょう。

東海大浦安では、東海大への進学を前提としているため、コース制、習熟度別クラス編成は採用していません。実質、東海大へは80%が進学しています。
他大学受験を目指す場合は、学校の勉強プラスアルファの対策を自主的に進めていくことが必要です。

東海大学付属浦安高校中等部

英語

活きた英語に接する機会が多い

中学では、基礎学力の定着を目指し、主要5教科では、チームティーチング制を導入しています。また、5教科の中でも特に英語教育に力を入れており、外国人講師による英会話・全員参加のニュージーランド研修などを行っています。

プログレス対策 《さらに詳しくはこちら ≫

理科

実験の全体像を理解した上で、レポートを書こう

理科では、高校と共有の充実した施設を活かし、実験・実習などが盛んに行われています。レポートの作成が宿題として出されることがあります。原理・原則や、実験の全体像を掴んだ上で書き進めましょう。

サイエンスクラス

理数系に興味のあるお子さんは…

サイエンスクラスは、理数系に興味のある生徒を中心に構成されています。「体験」 をテーマとし、教科書にとらわれない授業内容で、科学技術、理科・数学に関する観察・実験・実習等の体験的・問題解決的な活動を中心とした学習活動を行っています。 理科が得意なお子さん、または理数系の学部に進みたいお子さんは、こうした機会を利用し、理解を深めましょう。

ページトップへ