遺愛女子中学校・高等学校
指導実績全国ナンバー1
遺愛女子中学校・高等学校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

遺愛女子中学校・高等学校のご家庭の方へ

このページでは、遺愛女子中学校・高等学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
遺愛女子中学校・高等学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

遺愛女子中学校・高等学校について

遺愛学院は1874年(明治7年)にアメリカ人の宣教師夫妻が設立した「日日学校」がスタートで、1882年(明治15年)に北海道にて初めての女子学校として認められるなど、女子学校としての歴史を重んじた、由緒正しき学校です。三大精神「信仰・犠牲・奉仕」をのもと、キリスト教に基づく心の教育を中心に女子教育を行っております。附属の高等学校への進学を見越し、6年間の一環カリキュラムにより、効率的に学びを深めることができます。中学二年生までにおおよその中学校範囲の授業を終了し、高校の内容学習を三年生のうちから学んでいくことで、自立に向け効率の良い学習を行うことが可能です。一般的な5教科+実技科目だけではなく、聖書の学習時間が設けられることにより、学力向上のみならず、より豊かな精神の発展に繋がります。また、中学・高校で学ぶうち重複する範囲はまとめて学習するなど、6年間での一貫したカリキュラムであるからこそ出来る、効率的な学びを可能にしています。

【遺愛女子中学校・高等学校基本情報】
http://www.iaijoshi-h.ed.jp/main/
北海道函館市杉並町23-11
分類:女子校

遺愛女子中学校

コース編成

6年間一貫カリキュラムですが、高校では、「一般コース」「英語科」「普通科特別進学コース」の3つのコースに分かれます。
内部進学者は全員特別進学コースへ進学できます。
特別進学コースは、国立大学や理系学部を目指すコースです。しかし、英語科や一般コースを選択もできます。

ページトップへ