札幌日本大学高等学校・中学校

学校写真

札幌日本大学高等学校・中学校のご家庭の方へ

このページでは、札幌日本大学高等学校・中学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
札幌日本大学高等学校・中学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

オンライン指導はこちら
札幌日本大学高等学校・中学校について

札幌日本大学高等学校・中学校は、6年間を3タームに分け中高一貫教育を行っています。中学1・2年は基礎力養成期、中学3年・高校1年次は充実発展期、高校2・3年次は応用入試実践期と位置付けられています。

札幌日本大学中学校

設置コース

札幌日本大学中学校は、「中高一貫スーパーアクティブコース」と「中高一貫アクティブコース」の2コース制となっています。このコースは中学からの募集のみで高校からの入学はできません。

中高一貫スーパーアクティブコース

札幌日本大学中学校のスーパーアクティブコースは東大・京大・医学部を目指す指導コースです。難関大学で求められる論述対策や個別大学の傾向と対策も授業内で対応しています。

中高一貫アクティブコース

 札幌日本大学中学校のアクティブコースは、北大・東北大などの難関国公立大学、難関私立大学を目指す受験生を対象とした指導コースです。6年間の地道な積み重ねで学力をつけていきます。

英語

 札幌日本大学中学校の英語では、週6時間英語の授業を行っています。公立中学の標準が週3時間とすると、2倍の時間を確保しています。そのため進度も早く、授業についていけるようしっかりとした自宅学習が必要になります。 また、オールイングリッシュで行うディスカッションのアクティブラーニングもあります。 使用教材はケンブリッジ大学出版の「Unlock」を使用しています。

英語の試験

  札幌日本大学中学校の英語では、ケンブリッジ大学英語検定も行っており「読む・書く・聞く・話す」のチェックも行います。このように、教材と試験の両面でケンブリッジ大学と連携しています。また、中学卒業時までに英検準2級の取得も目標としています。

理科

  札幌日本大学中学校の理科では、週に1回以上、実験・考察を通じて学ぶ機会があり、体感学習を重視しています。希望者は理科検定が受験できます。

PBL・PILプログラム

 札幌日本大学中学校では、PBL(Project Based Learning/問題解決型授業)、PIL(Peer Instruction Lecture/対話型授業)を実施しています。具体的な課題を設定し、教師との対話を通じて解決策を模索していきます。その成果を研究論文としてまとめ、発表するというプログラムです。

定期テスト

札幌日本大学中学校では、単元テスト、実力テスト、定期テストがあり、すべてのテストが期末評価やコース編成・習熟クラス編成に影響します。 単元テストは各単元終了後に実施するものです。実力テストは教科書レベルを超えた出題で実施するテストです。定期テストは教科書レベルを超えた出題で実施されます。

評価方法

スーパーアクティブコースでは、全教科が絶対評価となっています。 アクティブコースでは、英語・数学が習熟度別絶対評価、それ以外の教科では絶対評価となっています。これは、英語・数学のみ、習熟度に応じてクラス編成しているためです。

        

札幌日本大学高校

設置コース

 札幌日本大学高校には、プレミアSコース、特進コース、総合進学コースが設置されています。高校からの入学が可能なコースです。

        
プレミアSコース

  プレミアSコースは東大・京大・医学部等の難関国公立大学受験生向けコースです。 理科は文理選択後の2年生から実施し、理系選択者は理科2科目、文系選択者は英語を強化していきます。

        
特進コース

 特進コースは、国公立大学や難関私大受験生向けコースです。週2回の7時間授業、月3回の土曜日授業で学習時間を確保しています。

総合進学コース

総合進学コースは、日大への内部進学を始め、その他私立大学への進学対応コースです。

定期テスト

札幌日本大学高校の定期テストには、確認テスト・習得度テスト・定期考査・模擬テストがあります。確認テストでは、5教科で1~2週間に1度のテストを実施します。年2回実施する習得度テストは、英語・数学の2教科で行われます。年3回実施される習得度テストは、英語・数学・国語で行われ、長期休業明けに行われます。定期考査は英語・国語・数学で年4回実施されます。これらに加え、全国基準の確認テストとして模擬テストを実施しています。

          
進路実績

札幌日本大学高校の卒業生314名のうち約22%が日本大学へ進学しています。主な進学先は、法学部17名、商学部13名、経済学部10名となっています。国公立大学へも100名程度、医学部へ12名、早慶上智MARCHにも43名合格しています。

内部進学

大学付属とは言っても、日大へエスカレーター式に進めるわけではなく、選抜試験を受ける必要があります。
基礎学力選抜方式では、高2の4月、高3の4月・9月に行われる「基礎学力到達度テスト」の結果を元に希望する学部・学科を決定し、各学部は調査書、基礎学力到達度テストの成績、適性試験、小論文、面接等の結果を総合して合否を決定します。
付属特別選抜方式は、学習成績、取得資格、課外活動歴などを重視した方式で日大各学部からの要求水準に達した生徒だけが出願できます。その後、調査書、小論文、面接等の結果を総合して合否が決定されます。
この基礎学力到達度テストは札幌日大の生徒さんが日大を目指す上で、非常に重要な試験です。 これをクリアし、希望の学部・学科に入学するために、早い段階で対策をしておくことをお勧めします。間際になって詰め込みで勉強しても、十分な成績はとれません。日頃から予習・復習をしっかり行って、その都度学習内容の定着を図っておきましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ