精華小学校

学校写真

精華小学校のご家庭の方へ

このページでは、精華小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

精華小学校の特長と対策ポイント

カリキュラム

精華小学校は、神奈川県の「難関中学校受験向け私立小学校」です。
ほとんどの児童が、中学進学時には、私立・国立の中学校を受験します。
学校側も受験に際しての塾通いに理解を示し、中学入試に対応できるカリキュラムを編成しています
実際に、御三家やその他の難関中学校へ一定の合格実績を上げています。

具体的には、次のようなカリキュラムで指導を行っています。

算数

低学年では、計算のしくみを身につけることを目的として、タイルを使った学習を進めています。
中学年では、四則計算の計算力を高めます。
高学年では、より高度な数の感覚を養うため、ドリルなどによる反復練習を行っています。

英語

全授業、ネイティブスピーカーによるレッスンになっています。低学年では、英語の音に慣れることを重視し、ゲーム、グループワークなどを実践していきます。英語に慣れ親しんでいないと、苦手意識を持ってしまいがちなので、楽しんで取り組めるようにしましょう
中・高学年では、「生の英会話のやりとり」によるリスニング力や会話力を育てるため、ネイティヴ教師の他、日本人のアシスタントも授業に加わります。
とくに中学年では、短い日常会話ができるよう、授業を行っています。話そうという姿勢がないと会話力は育たないので、授業には積極的に参加していけるようにしましょう。
高学年では、最終的に、英語を使って理科の実験を成功させることを目指しています。
会話やリスニングばかりでなく、重要構文の表現力も身につけられるよう、指導を行っています。

理科

独自のカリキュラムとテキストを使い、多くの実験・観察・観測・見学に取り組む実践的な授業となっています。
小5では、授業時間を十分に確保して、中学受験の基礎となる学力の定着も目指しています。内容的にも高度になってくるので、分からない所を残さないよう、理解が曖昧な単元は積極的に質問して早い段階で解決していきましょう。
小6では、6年間の理科学習を締めくくるため、パソコンによるレポート作成(生命の進化や地球の環境について)を行います。

学習のポイント

中学入試を前提としたカリキュラムとなってはいますが、高学年になると、多くのお子さんが塾に通われるようです。
難関中学受験向けの小学校として実績のある小学校ですが、「学校のカリキュラムについていければ必ず難関中学へ進学できる」というわけではありません。
学校の授業をこなすのはもちろんのことですが、それにプラスアルファして独自に対策を進めることが重要です。

ほとんどのお子さんが中学進学時に外部受験することもあり、環境としては受験するムードが整っています。
公立校の環境に比べ、中学受験へのモチベーションは持続させやすいので、早い段階から準備を進めていきましょう。

進学について

ほぼ全員が私立、国立中学を受験して進学します。
関連校の神奈川学園中学校(女子校)も推薦では入学できません。試験を受けて入学するため、中学受験対策は進学のためには必須と言えます。

ページトップへ