洗足学園小学校

学校写真

洗足学園小学校のご家庭の方へ

このページでは、洗足学園小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

洗足学園の特長と対策ポイント

カリキュラム

建学の精神に「理想は高遠に、実行は卑近に」を掲げています。
主要4教科の授業時間が標準よりも年間100時間以上多いことに特徴があります。

洗足学園は、中学受験を念頭に置いた小学校です。
そのため授業のレベルは高く、先取り授業です。オリジナルの教材を使ったり、筆算検定や日記漢字といった独自の学習に取り組んだりしています。

低学年では、学級担任と教科担当教員が指導にあたっており、高学年では、各教科に高い専門性を持つ教員が指導に当たります。
全児童が、それぞれ志望する学校に合格できるよう、無理のない「先取り授業」を小1から行っています。
基礎学力の習熟はもちろん、応用・発展まで学習します。
英語は小3から、週2時間ずつ学びます。

洗足小には、中学受験指導クラスがあります。
クラス全員が「受験生」という連帯感・緊張感を持って、学習に取り組んでいます。小3・4では、基礎学力を定着させるため、ピラミッド教室(補習授業)を行っています。

算数は、複数担当者制です。
学力を客観的に捉えるため、小3から年数回の模擬試験を実施しています。

小6の1学期で、小学校過程の基礎的な内容を中心としてカリキュラムを終了します。
2学期からは、総復習と中学入試問題の演習を行います。

学習のポイント

洗足小は、中学受験合格を目指している小学校で、主要教科は小1のときから専科制です。
小1~2の間は、比較的ゆるやかなカリキュラムですが、小3~4で一気にスピードアップします。
中学年になって苦労しないよう、低学年のうちに、学習習慣をつけておきましょう。

洗足小では6年の1学期で小学校教育を終了させ、総復習・弱点克服などの受験対策に入ります。十分な中学受験対策をしてくれますが、なかには「学校の勉強だけでは不安……」と通塾されるケースも多いようです。

ただ、学校と塾は上手く併用しないと、どちらも中途半端になりかねないので、気をつけましょう。それぞれのカリキュラムに振り回されないよう、計画的に学習を進めることが大切です。復習メインの対策を心がけましょう。

内部進学

進学条件は、内部推薦試験に合格することです。合格できれば、全員進学できます。
ですが、洗足小学校は、中学受験を目指していることもあり、大半が外部受験をします。

ページトップへ