湘南白百合小学校

学校写真

湘南白百合小学校のご家庭の方へ

このページでは、湘南白百合小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

湘南白百合について

湘南白百合では、児童の心身の発達に応じて教育を施しています。「キリスト教の精神に根ざした価値観を養い、神と人の前に誠実に歩み、愛の心をもって社会に奉仕できる女性を育成すること」を目的としています。
学習面では、学級担任制を中心に、低学年では音楽・図工・体育などの一部の教科、高学年ではより多くの科目で専科制を導入しています。

私学の特性を生かした湘南白百合独自のカリキュラム

湘南白百合では、学習の基礎基本に重点をおき、国語は全学年、算数は高学年で時間を増設するなど、私学の特性を生かしたカリキュラムを採用しています。
また、小1・2では年数回、小3~6は週1回、英語の授業も行われます。ネイティブスピーカーと日本人教師による、チームティーチング制の授業です。
ほかにも、総合学習として、パソコン専門教員による情報教育、建学の精神による福祉教育の研究の授業が実施されます。

算数は教科書に『教科書ワーク』を使用するほか、問題集は『湘南白百合問題集』という独自の教材があります。
小テストも計算問題、図形問題、文章題など幅広く出題されているため、授業内容をしっかりと理解することがポイントとなります。
定期テストも教科書、湘南白百合問題集、プリントからバランスよく出題されています。
数直線を用いて解くなど、解き方が指定されている問題もあり、回答内容によって部分点がある仕組みになっています。

学習のポイント

通塾が過剰な負担になってしまうケースも・・・

湘南白百合の場合、中学進学へは内部試験に合格する必要があります。そのため、湘南白百合では、小1から塾に通うお子さんも多く、小5になると、通塾率は一気に増えます。
ただ、湘南白百合では、独自のカリキュラムに沿って授業が進みます。ですので、塾や市販の教材とは進度や内容が異なり、負担が大きく増えてしまうケースも見られます。
まずは、湘南白百合の進度・カリキュラムに合わせ、的確な対策をしていきましょう。

内部進学

内部試験に合格することが必要

内部進学にあたっては、小6の1月、第2週目に行われる内部試験に合格しなければなりません。本番の試験の前には模擬テストも行われます。
内部試験については、出題範囲は学校の授業で習った内容です。そのため、授業の予習・復習、学校の宿題、テスト対策等を毎日きちんとすることが、最も効果的な対策になります。
理解しきれていないところ、苦手なところから、計画的かつ効率良く勉強を進めていきましょう。

お子さんは以下のようなご状況ではありませんか?

湘南白百合小学校では、

  • 湘南白百合に合った対策をしてほしい
  • 算数が苦手だ
  • テストが難しい
  • プリント・問題集などがこなしきれない
  • 内部進学したい

というお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます
私立専門・家庭教師では、これらのお悩みに対し、以下のようなことができます。

  • 湘南白百合小にあった指導をします
  • 教科ごとの対策をします
  • 計画的に家庭学習をこなせるようにします
  • 内部進学テストの対策を行います
ページトップへ