法政第二中学校・高校

学校写真

法政第二中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、法政第二中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
法政第二中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

オンライン指導はこちら
法政第二中学校・高校について

基本を高い水準で学ぶ

法政第二は、法政大学の伝統的な学風「自由と進歩」を掲げ、人間性豊かな個性を育むことを目標としています。

授業は、国・数・英を軸に、全教科基礎・基本を高い水準で定着させる、独自のカリキュラムを組んでいます。

中学では、「基本的な学習内容」と「生活や体験に根ざした豊かな学力」を定着させることを目的としています。

一斉学習・学習の日

そのために、「学習習慣の確立」と「基礎学力の定着」を狙いとした、「毎朝20分間の一斉学習」を行っています。 さらに、毎週火曜日の放課後は、「学習の日」として、各教科の補習に充てられています。

調査・実験・レポート・討論

高校では、調査・実験・レポート・討論・発表を重視し、すべての教科を体系的かつ系統的に学びます。

0時限の英語学習

また、センター試験クラス以外の全学年・全クラスで、毎朝「0時限」と呼ばれる英語学習の時間があります。この時間は、語彙力の強化やリスニング力の強化を目的としています。センター試験クラスの0時限では、英語だけでなく、数学や国語の学習を行います。

外部受験生との学力差

高校から、外進生(高校受験組)が入ってきます。当然ですが、中学からの持ち上がりの内進生と、受験を経験した外進生とでは、学力差があります。内進生は中学生のうちから、気を抜かずに勉強に取り組むことが大切です。

法政第二中学校

補習

補習

数学と英語に関しては、評定5以下で補習対象者になります。ですので、補習対象者になる前に、苦手単元・弱点分野は解消しておきたい所です。日頃から授業内容の予習・復習に取り組み、定期テスト直前で慌てないようにしましょう。

進級・赤点

赤点

法政は1年間で赤点を規定数以上取ってしまうと進級できなくなり、他中学へ転校となってしまうので要注意です。
早めに毎日の家庭学習を習慣づけ、分からない所を残さないようにしていきましょう。

法政第二高校

内部進学

条件

法政大学へ内部進学するためには、以下の要件を満たしていることが必要です。

 ・高校3年間の全教科の評定を合算して、上位60%にいること
 ・高校3年間の英語の成績が37.0以上であること、
  または、英検2級以上取得していること

全教科の成績に加えて、英語の成績が重視されています。
法政大学への内部進学を希望する場合は、毎回の定期テストで必ず平均点以上を取るようにしましょう。そのためにも、早いうちに家庭学習の習慣をつけて、分からない部分を積み上げないようにすることが大切です。

成績を上げるためには

外部受験生の学力が高い

法政第二高校は、一般入試を突破して入学してきた外部生の学力が高いのが特徴です。内進生は、高校に上がったときに、相対的な成績順位が急に下がってしまうことはよくあります。成績が少しでも伸び悩んでいる場合は、早めに対策を講じることが重要です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ