鎌倉女学院中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
鎌倉女学院中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

鎌倉女学院中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、鎌倉女学院中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
鎌倉女学院中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

鎌倉女学院中学校・高校について

鎌倉女学院では、「知的で洗練された女性エリートの育成」を教育目標としています。「生徒各人の能力を、自らの努力によって伸ばし、社会に貢献できるように育成すること」、「それぞれの目指す上級学校への進学に適した6カ年の一貫教育を行うこと」を目指して指導を行っています。
「与えるだけの学習」ではなく、「自主的に自分にあったものを選び、学ぶ」という、自主的な学習姿勢を育てることを重視しています。

授業では、英語教育に力を入れています。「読む、書く、話す、聞く」という4技能をバランスよく身につけ、受験英語だけでなく、実践的な英語力を養うことを目標にしています。中3からは習熟度別授業を行い、きめ細やかな指導を目指しています。

「使える英語を学べる」授業を目指し、スキットやロールプレイ、スピーチプレゼンテーションなどが行われます。また、「英語は英語で教える」という考えに基づき、中1から高1までは、週1時間、クラスを2つに分け、外国人教師による英会話も行われます。

高校については、内部試験がありますが、日常生活に問題がなければ全員進学できます。
高1からは、大学進学へ向けた学習が始まります。高2から文系・理系に分かれ、高3になると受験教科のみの授業になります。

鎌倉女学院では、独自のカリキュラムに沿って授業が進みます。そのため、成績を上げるには、カリキュラムに合わせた家庭学習をしっかり行うことがポイントです。
予習・復習の習慣を早いうちに身につけ、授業の内容を定着させていきましょう。

鎌倉女学院中学校

英語

単語テストは計画的に対策しよう

英語では、6年間、『プログレス』を使って授業が行われます。『プログレス』は、単語数・長文量が多く、難度の高い教科書です。そのため、予習・復習を行っていないと、授業についていけなくなってしまうお子さんも少なくありません。
授業の前には、単語の意味調べや長文の通読などを行い、習ったことはその日のうちに復習しましょう。

また、1レッスンごとに単語テストが行われます。100個以上の英単語を覚える場合もあります。量が多いので、一度に覚えようとしても覚えきれません。自分で学習の計画を立て、それに沿って覚えていくことが大切です。

授業では、プログレス付属のCDやラジオ基礎英語を使ってリスニング力を身につけたり、多くの洋書を読む「多読」で読解力を高めたりします。
英語の力を伸ばすためには、授業だけではなく、家庭学習でも英語に多く触れて、英語の発音や英文の構造に慣れていくことがポイントです。

プログレス対策 さらに詳しくはこちら ≫

小テスト・宿題

宿題やテストに追われないために・・・

鎌倉女学院では、中間・期末テスト以外にも、小テスト・まとめテストが頻繁に行われます。宿題も中1から多いです
宿題やテスト対策に追われてしまうと、未消化単元や分からないところがそのままになってしまい、授業についていけなくなってしまうケースも見られます。
なるべく早いうちに、自分に合った学習ペースを身につけ、宿題やテスト対策だけでなく、日々の予習・復習も行えるようにしていきましょう。

ページトップへ