関東学院六浦中学校・高校

学校写真

関東学院六浦中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、関東学院六浦中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
関東学院六浦中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

関東学院六浦中学校・高校について

「キリスト教を土台とした人間教育(3つの教育目標)」と「独自の教育プログラムによる教科教育」を教育の2本柱にしています。 校訓「人になれ 奉仕せよ」に基づいた指導を行い、6年間を2年×3段階(確立期→定着期→発展期)に分けて、学習する教育システムを採用しています。 英語や漢字などの検定試験や外部テストの受験を推奨している学校です。

中3では、学習進度の早い生徒のためにアドバンスクラスが1クラス設置されています。また、英語・数学の習熟度別少人数授業が始まります。 アドバンスクラスは高1になると、2クラス設置になり、英語・数学は習熟度別少人数授業(グレード制)になります。

高2・3は、2年間のコース制です。 国公立・難関私大、私立文系、私立理系など、進学の系列に合わせた講座を設け、大学受験に即応できる応用力を身に付けることを目指しています。

このように他大学受験を積極的に支援する一方、高大連携を利用して併設大学の講義も履修できるという特徴があります。

関東学院六浦では、授業を休んでしまった場合や、成績が悪かった場合などの補習もしっかりしています。分からない単元は、補習なども利用しながらなくしていきましょう。 ただ、分からない部分は、ため込まずにすぐ解消することが成績を上げるポイントです。 補習を待つような受け身の体制ではなく、関東学院六浦のカリキュラムに合わせて、積極的に毎日の予習・復習を行うようにしてください。 自分なりのペースを保って、継続して学習を進めていくことが大切になってきます。

ページトップへ