日大日吉中学校・高校

学校写真

日大日吉中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、日大日吉中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
日大日吉中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

日大日吉中学校・高校について

日本大学の「自主創造」の教育理念のもと、優秀な生徒の育成を目指し、校訓「情熱と真心」を掲げています。「自覚と責任」を教育目標とし、中・高・大一貫教育を行っています。

14学部を有する日本最大の総合大学のメリットを活かし、幅広く、きめ細かなカリキュラムで教育を実施しています。
中学では教科内容の確実な理解と実力の早期完成を目指しています。

また、 日大日吉では、生徒全員に「進路ノート」を持たせています。
進路に関する自己目標の他、定期テストをはじめ各種の実力テスト等の結果も記入させます。絶えず「進路ノート」を確認させることで 学習に対する動機づけを目指しています。
ただ漠然と学習するのではなく、「将来の夢」を意識する ことで学習効果が高まると日大日吉では考えられています。

日大日吉中学校

理科

独自の『ロボット学習』がある

理科教育に力を注いでおり、設備が充実しています。
その一つとしてあげられるのが、先生の手元や黒板を映し出す大きな液晶モニターが実験室に設置されていることです。
座ったままで実験の様子や過程を見ることができるため、全ての生徒が効率よく授業を受けられます。

安全性の向上、きめ細かい指導に配慮し、加熱を伴う化学実験などでは、二人の先生が指導にあたっています。
また、日大日吉ならではの取り組みとしては、日大と連携した「ロボット講習」です。これは、大学の先生に指導してもらうことができます。

英語

講座が豊富

英会話特別講座は中1から高3の希望者を対象に、放課後15:50~17:00に開講しています。月・水または火・木の週2回、10人前後の少人数クラスで、ネイティブスピーカーによる授業です。
このようなレベル別の英会話講座だけでなく、海外英語研修へ行った時に必要となる日常会話を学ぶ講座や、英検対策講座、TOEIC・TOEIC Bridge 対策講座など、自分にあった英語学習ができる仕組みになっています。

進級

進級には3分の1以上の認定単位が必要

進級するためには、不認定単位が1/3以下(13科目 総進34単位 特進36単位)である必要があります。
また、「標準化点」があり、30点未満で留年が決まります。

日大日吉中学校・高校 のご家庭からの喜びの声

「日本大学中に合った指導をしてもらえます」
「塾では受けられない指導」

東京都 K.Mくん

集団指導塾、個別指導塾と経験しましたが、納得できる指導が受けられませんでした(分厚いテキストをちょこちょこと解くなど、本人に合っていないので無駄が多い)。 家庭教師は、指導料は確かに高いですが、中途半端にテキストを使ったり、通う手間を考えると、無駄のない時間を集中して取り組む事ができ、とても有意義です。

続きを読む ≫

ページトップへ