聖セシリア女子中学校・高校

学校写真

聖セシリア女子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、聖セシリア女子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
聖セシリア女子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

聖セシリア女子中学校・高校について

カトリック精神に基づき、「信じ希望し愛深く」を心の糧として、知育・徳育・体育のバランスのとれた総合教育を目指しています。

正しい学習方法と知識の定着を目指して、国語・数学・英語を重点教科とし、英語を中心に標準より多くの時数を設定しています。
全教科、学習指導の基準として「シラバス(指導項目)」と「基礎・基本事項」を作成し、利用しています。
また、「英語」「英語演習」「国語」「表現」など、ひとつの教科を複数の科目に分けることで、深い理解力と総合性を身に付けます。
こうして中1~高1 の間にしっかりと基礎学力を身につけ、高2・3では応用力を養成します。

授業内容をより深く理解し定着させるため、教材は、教員が手作りしたオリジナル教材「ワークブック」「ワークシート」を使用しています。学校独自の教材となるので、市販の参考書・問題集での対策ができません。特殊教材を繰り返しやり直して対策するようにして下さい。

聖セシリア女子では、学習内容の定着を図るため、小テストを頻繁に実施しています。週1回、70分授業がない日に20分間のS.T.を設置し、「漢字・古語、英単語・英熟語、計算、重要年代・文化史」などの小テスト(確認テスト)を実施しています。このテストで個々の学力レベルを確認し、出来なかった生徒はできるようになるまでフォローを行っています。
さらにノート提出がほぼ毎日あります。小テストやノート提出に合わせて勉強を進めていけば、自然とこまめに復習が行えるようになっているので、しっかりとこなしていくようにしましょう。

聖セシリア中学校

英語

「英語」「英語演習」「英会話」の3科目にわかれます。テキストは、学校のオリジナルテキストを使っています。
小テストが頻繁に行われます。加えて、ノート提出も多いので、計画的に家庭学習をすすめなければ負担がとても大きくなってしまいます。小テストの勉強を先取りして進めておけば、課題や復習にも余裕を持って取り組めるようになるので、早いうちに自分なりの学習サイクルを確立させて家庭学習の習慣をつけるようにしましょう。

補習について

聖セシリア女子では、補習が充実しています。
各学年とも主要5教科の補習を指名制で実施しており、英数に関しては、週1回放課後に講義形式で行っています。
夏期休業中の講習や勉強合宿は希望制で、主要3教科が対象です。この講習は、学習内容のフォローとして行われる補習とは違い、より高い学習内容を望む生徒を対象に行われています。
さらに、土曜の午前中には年間で約50種の「土曜講座」が開かれます。補習的な内容以外はすべて希望制です。何種類もの講座を受講することができるので、積極的に参加してみて下さい。

内部進学について

高校への内部進学を希望する場合、内部進学試験を受けます。日常の基本的生活に問題がなく、内部進学試験を受ければ、全員高校へ進学できます。

ページトップへ