東海大相模中学校・高校

学校写真

東海大相模中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東海大相模中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東海大相模中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東海大相模中学校・高校について

建学の精神に「若き日に汝の思想を培え、若き日に汝の体躯を養え、若き日に汝の智能を磨け、若き日に汝の希望を星につなげ」を掲げています。
高校では、大学で専門教育を受けるために必要な基礎学力を養い、高大一貫の教育体制を活かし、個性を伸長し人生の基盤をつくることを目標としています。
高大一貫教育のもと、文理偏りない効率的なカリキュラムを編成し、受験勉強にとらわれることなく、ゆとりある教育を実践しています。

高3から各自の進路に合わせた科目選択制になります。後期から、進学予定学科に沿った特別講座が各教科に用意されます。

英語ではペア・グループワークやプレゼンテーションなどのプロジェクト学習を行っています。オーラルコミュニケーションは高1・2から少人数制授業です。
また、TOEICへ取り組んだり、放課後実施される保護者・生徒希望者による英会話教室を開いたり、英語教育にはかなり力を注いでいます。

授業に遅れてしまう生徒が出ないように、各学年とも定期試験において達成度の低い生徒を対象に、追試験や補習を放課後に行っています
補習に出なくても授業についているように予習・復習で学習内容の定着を図ることが一番ですが、難しい場合は補習でフォローしていくようにしましょう。

東海大相模では、東海大学進学を第一目標にしているため、カリキュラムも大学での学習に必要な基礎学力の養成に重点を置いたものになっています
もし、他大学を受験する場合は、学校の授業プラスαの対策が必要です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ