山手学院中学校・高校

学校写真

山手学院中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、山手学院中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
山手学院中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

山手学院中学校・高校について

「未来への夢をはぐくみ、その夢の実現をたくましくになっていく人」「すなわち世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」の育成を建学の精神としている学校です。

山手学院は、6年一貫のカリキュラムを実施しています。発達段階に応じ、中高の学習指導内容を、一部順序を入れ替えて指導しています。

中3~高1は「特進クラス」「普通クラス」に分かれます。「特進クラス」は1クラス編成です。この「特進クラス」では、発展的な学習まで取り組みますので、自主的な勉強が必要になってきます。中3~高1の「普通クラス」では、英語・数学で習熟度別の授業になります。

山手学院は、土曜講座(クリエイティヴ・サブジェクト活動:略称CS)を開講しています。月~金の通常授業とは違い、国際理解・異文化理解、人間理解・福祉体験、科学・芸術・スポーツなどを柱とした講座を設置しています。この土曜講座で学習や進学のサポートも行っており、高学年になると、河合塾講師による本格的な大学受験講座を校内で受けることも可能です。受講の有無は生徒の主体性に任されていますが、学習の助けともなりますので、積極的に参加するようにしてみてください。
また、山手学院は「現役合格」にこだわっており、高校2・3年の二年間はクラス・担任の変更はせず、丁寧な進路指導を行います。進路指導室には過去問などの大学入試関連の情報が完備され、進路の疑問・不安を解決する専門のカウンセリングスタッフも常駐しています。
また、早稲田、明治などの各大学から現役の教授陣を校内に招いて、大学の講義を再現する大学模擬講義も行っています。

山手学院の現役合格率はここ数年90%を超えているので、まずは学校の授業にしっかりとついていくことが大切です。ただ、この授業についていくこと自体がとても大変なので、予習・復習をしっかり行い、対策していきましょう。

山手学院中学校

英語

教科書は「New Treasure」を使用しています。
小テストが頻繁に行われます。小テストの積み重ねが定期テストにも繋がってくるので、小テストは毎回合格点をとれるよう準備して臨みましょう。
また、宿題も、ほぼ授業毎に出されます。英語の成績を上げるには、[宿題]、[小テスト]、[授業の復習]をうまく両立させていくことが大切です。授業で習った内容はその日のうちに見直す習慣をつけ、わからない部分を積み重ねないように勉強を進めましょう。

宿題について

宿題は毎日出されます。量もかなり多く、苦労してしまうお子さんも多いようです。また、ノート提出も頻繁にあります。宿題は、計画的にこなし、提出日直前にあわてることのないようにしておきましょう。

ページトップへ