関西大学第一中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
関西大学第一中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

関西大学第一中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、関西大学第一中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
関西大学第一中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

オンライン指導はこちら
関西大学第一中学校・高校について

関西大学第一中学・高校は、関西大学の併設校として発足されました。中高大連携のもと、幅広い進路選択が可能な環境の中で豊かな人間性と社会に有為な人材を育成することを理念としています。

関西大学第一中学

関西大学第一中学では、受験に振り回されない落ち着いた雰囲気の中で、生徒一人ひとりがのびのびと成長できる環境を実現しています。


学習の特徴

関西大学第一中学では、総合的な学習や環境学習など、独自の学習が見られます。総合的な学習では「探究入門」(中1)、「基礎探究」(中2)、「卒業探究」(中3)に取り組み、中学生として身に付けてほしい知識や技能を習得します。覚えるだけではなく、考える・まとめるという力を養います。
環境学習では、緑に囲まれた学習環境の中で「自然教室」(中2)や「研修旅行」(中3)などを実施し、身近な生活の中にある問題と現代社会全体の環境問題をリンクさせて考える機会を取り入れています。

三大検定

関西大学第一中学では様々な検定に積極的に取り組んでいます。
実用英語技能検定は、中1で5級、中2で4級、中3で3級を全員が受検します。理解度に応じて上位級の受検も可能となっています。
日本漢字能力検定は、中1で4級、中2で3級、中3で準2級を全員が受検します。
実用数学技能検定は、中2で4級、中3で3級を全員が受検します。

定期テスト情報

関西大学第一中学は3学期制で、5月・10月に中間考査、7月・12月・3月に期末考査が実施されます。

内部進学

関西大学第一中学から高校への進学は、中学校3年間の成績に基づいて推薦されます。他の中学校からの進学は、入試成績に中学3年次の成績を加味し、総合的に査定されます。

関西大学第一高校

関西大学第一高校は、自分の力で考え、行動していける人間を志す魅力ある環境です。


設置コースについて

関西大学第一高校では、2年生になると「文Ⅰコース」(6~7クラス)、「文Ⅱコース」(1クラス)、「理コース」(2~3クラス)の3コース制のカリキュラムになります。
「文Ⅰコース」は関西大学の文系学部を目指した授業、「文Ⅱコース」は国公立大学への進学をも目指す生徒向けの授業、「理コース」は関西大学理工系学部をはじめ、国公立大学理系学部への進学を前提とした授業です。
いずれも大学進学を見据えた授業を展開しており、自発的な学習習慣を促進し、「志のかたち」を作り上げていきます。
文Ⅱ・理コースは、希望者が定員を超えた場合、1年次の成績により決定します。

三大検定について

関西大学第一高校では、関西大学第一中学と同様に三大検定(英検・漢検・数検)の受検を推進しています。英検は在学中に全員が2回受検します。学校が受験料を負担する公費受検方式が実施されています。
漢検・数検は受検希望者対象に団体受検を実施します。漢検は中学3年間で準2級まで受検していることもあり、高1では2級の受検を勧めています。

定期テスト情報

関西大学第一高校は3学期制で、中間・期末考査の他に1、2年生を対象とした模擬テスト、3年生を対象とした外部テストがあります。

内部進学

関西大学第一高校から関西大学への進学は、高校3年間の成績と生活状況、そして3年次に実施される外部テスト3回の成績をもとに、学部ごとに決定されます。

進路実績

関西大学第一高校では、約80%以上の生徒が関西大学特別入試制度で関西大学へ進学します。それ以外にも京都大学や大阪大学、神戸大学などの国公立大学、早稲田大学や上智大学などの私立大学などに合格しています。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

ページトップへ