本庄東高校附属中学校・本庄東高校

学校写真

本庄東高校附属中学校・本庄東高校のご家庭の方へ

このページでは、本庄東高校附属中学校・本庄東高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
本庄東高校附属中学校・本庄東高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

本庄東高校附属中学校・本庄東高校について

本庄東は、「人間の尊さを教え、社会に期待される素地を創り、人生に臨みと喜びを与える」を建学の精神に掲げています。「心素直に、知性輝く」をモットーに、リーダーシップの養成に力を注いでいます。

1クラスは原則30名の習熟度別クラス編成です。
毎日、放課後に小テストを実施し、理解度を確認しています。さらに、学習理解度チェックノートも利用し、授業内容の理解度を生徒自身でチェックしています。この学習理解度チェックノートを有効活用し、苦手な分野・単元については、早めに手を打つようにしましょう。

2学期からは朝の英単語テスト、放課後は英数国の復習テストを行います。
中3になると、高校の内容の先取りに入ります。授業についていけない生徒が出ないよう、土曜日には希望制の補習を行っています。

高校になると、高1から特別進学、総合進学、国際英語の3コースに分かれます。高2から、さらに文系・理系に分かれます。
本庄東は、最難関国立大、上位難関私立大学、医学部への進学を目指しているため、センター試験レベルの内容は、高1までにほぼ修了します。
非常に授業進度も速いので、予習は必須です。学習を定着させるため、復習もしっかり行っていきましょう。

学校では、衛星放送補習も実施しているので、積極的に履修して、理解があいまいな分野・単元を残さないようにしていきましょう。

本庄東高校附属中学校

学習フォロー

早いうちに学習習慣を確立させる指導

本庄東では、学習習慣をつけるために、「学習理解度チェックノート」を利用し、毎日の授業内容の理解度を生徒自身にチェックさせます。その後は、先生や保護者にも確認され、その後の学習指導に反映されます。

本庄東では、こうした「学習理解度チェックノート」により、学校側が生徒ひとりひとりの学習状況をしっかり把握しています。ですので、成績を上げるためには、学校側からの学習面でのアドバイスに沿って勉強を進めることが大切です。

大学受験

大学受験を念頭に置いたカリキュラム

本庄東では、大学受験を念頭に置いたカリキュラムを展開しています。具体的には、「朝の英単語テスト」「小テスト」「コラム学習」などです。

「朝の英単語テスト」は、『ターゲット1900』から出されます。英単語の暗記は継続が大切なので、毎日、コツコツ暗記していくことが大切です。電車の中など隙間時間に、英単語を学習している生徒が多いようです。

「小テスト」は、放課後に行われます。基本的には、授業内容の理解度を問う内容となっています。授業中は、板書だけでなく先生の口頭での説明もしっかりノートに取り、授業で習った内容はその日のうちに復習するというスタンスで学習を進めましょう。

「コラム学習」は、小論文対策の授業で、新聞のコラム欄を読み、要旨や感想をまとめます。高1の時点で苦手意識を持たれていた生徒でも、3年間取り組めば、上手くなるので、諦めずに授業にしっかり取り組むことが重要です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ