城西川越、城西大学附属川越高校
指導実績全国ナンバー1
城西川越、城西大学附属川越高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

城西川越、城西大学附属川越高校のご家庭の方へ

このページでは、城西川越、城西大学附属川越高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
城西川越、城西大学附属川越高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

城西川越、城西大学附属川越高校について

「豊かな人間性の涵養」を建学の精神として掲げ、難関国公立大学への進学を目指した中高一貫教育を行っています。

中1・2で家庭学習の習慣を身につけ、基礎力を養成します。中3になると、自ら計画して学べるようになります。この頃から、応用力も育成していきます。朝は、高3まで15分間のリスニングを行って、英語を聞き慣らしています。

英会話は1クラス2分割の少人数授業で、中3から習熟度別授業になります。
英検は中3までに全員3級取得を目指していますが、例年、40%は準2級まで取得しています。

授業はとてもハイスピード・ハイレベルです。
授業を一度でも休んでしまうと、習っていることが分からなくなってしまうくらい速いので、一回一回の授業を大切に聞くようにしてください。
使用している教材も、社会や理科が高校のテキストを使用している他、検定外の教科書を使用している教科もあります。
また、とくに国語や社会は副教材・プリントを多く活用しています。こうした城川の特殊教材に対応できるよう対策していかないと、授業についていくのが難しくなります。
学校の授業進度に合わせて、復習はしっかり行っていくようにしましょう。学校で使用した教材は、何度も繰り返し見直して下さい。
また、城川では、どの教科も小テストが多いことに特徴があります。漢字テストはもちろん、単元ごとの確認テストもあります。小テストで良い点数がとれるよう学習していけば、自然と実力もついていきます。

城川では、「自分で学習する力」を養うため、定期試験期間を3~4日設けています。また、部活動も試験1週間前には休止にし、まとまった学習期間を作っています。
これは、知識をおろそかにせず、また単なる知識の蓄積ではなく、しっかり復習することを推奨しているためです。
周りの生徒さんも部活動が休止している分、勉強に取り組む時間が増えるので、成績を上げるためにはしっかり勉強していくことが必要です。じっくり時間をかけ、集中して取り組んで下さい。周りと差をつけるためにも、試験約2週間前から少しずつ試験勉強を始めてみましょう。早めに弱点や理解が不足している点を見つけて、対策することが重要です。
定期試験をきっかけに、一つ一つの学習内容を定着させていくようにしてください。

ページトップへ