春日部共栄中学校・高校

学校写真

春日部共栄中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、春日部共栄中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
春日部共栄中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

春日部共栄中学校・高校について

ACADEMIC・ACTIVE・ATTRACTIVEの3つの力の育成を目指し、質の高い教育を実践しようとしています。
特徴的なのは、「第2のカリキュラム」と呼ばれるものです。これは、学ぶ楽しさが実感できるように工夫されており、主要5教科では、速読の訓練、英単語速習、英会話訓練、数学オリンピック、ITスキルの習熟などに取り組みます。

春日部共栄では、英語を中心にしたプレゼンテーション能力を高める教育を実践し、難関国立大学合格や海外大学・大学院留学を視野にいれ、世界に求められるリーダーの育成を目指しています。

そのため、英語には非常に力を入れており、英語の授業は全て英語です。さらに、全教科とも英語での復習時間があります。
非常にハイレベルな授業なので、家庭学習を疎かにせず、その都度理解するようにしましょう。英語には慣れ親しんでおくことが必要なので、日頃から英会話のラジオを聴くなどして、英語の発音に耳慣れておくようにしましょう。

春日部共栄は、先取り学習です。中2いっぱい中学範囲をほぼ修了し、中3からは高校範囲に入ります。また、5年(高2)で高校範囲を終え、6年(高3)は大学受験準備にあてています。その代わり、消化不良にならないよう、授業時間は公立校よりも多く確保しています。数・英は2倍以上の時間数です。
授業時間を多く確保していることで、授業進度は少し緩やかになりますが、年間で学ぶ量は非常に多いです。毎日の予習・復習はしっかりと行っていきましょう。
復習を後回しにしていると、どんどんわからないものが増えていってしまう恐れがあります。授業で理解したつもりでも、一人でやってみると出来ないこともあるので、毎日少しずつ自主学習を進めるようにしてください。

春日部共栄では、通常授業時間の確保のほかにも、フォロー体制として、様々な試みをしています。例えば、第1・3土曜日には自由参加の土曜講習を中高ともに開催。また、各科目の弱点補習や発展講習も開講しています。
こうした補習や講習をうまく利用して、弱点補強や実力アップを目指かようにしてください。自由参加なので、積極的に取り組む姿勢を持っていないと、遅れをとる可能性があるので、気をつけましょう。

高校では、「大学現役合格」を目指し、コース制のカリキュラムを組んでいます。そのため、高2までに「大学センター試験」の出題範囲を修了し、高3からは入試対策用特別カリキュラムや演習が中心の授業になります。
ですから、それまでに中学・高校の内容は定着させておくようにしてください。しっかりと基礎を固めておかないと、演習中心の授業についていけず、せっかくの授業を充分に活かすことができません。
日頃から継続的に学習に取り組んでいくことが大切です。

春日部共栄中学校

英語

教科書は「ONE WORLD」です。副教材として「ニュートレジャー」や準拠の問題集を使用しています。中3からは、「CROWN」も使用します。中学生の範囲は、中2のうちに終了させ、中3から高校生の学習範囲に入ります。
その他、NHKの基礎英語でリスニング力、英会話力の向上をはかっています。さらに、宿題プリントとして「Ketchup&Mustard」を実施しています。
海外の大学でも通用する英会話力、読解力、英作力を育成するため、授業の密度はとても濃いといえます。しっかりと予習・復習に取り組み、単語練習も自主的にすすめて語彙力を養っていくようにしましょう。

数学

教科書は「新しい数学」です。副教材として「精解中学数学」および準拠の問題集を使用しています。
英語同様、中学生の内容は中2までに終了させ、中3からは高校の学習範囲に入ります。
数学オリンピックや数検への挑戦を推奨しており、講習会も開いています。積極的に参加して、実力を高めると良いでしょう。目標は、中3までに数検準2級の取得です。

国語

学習の基本として、国語を重視しています。
現代文、古文、漢文に中学生のころからバランスよく取り組んでいきます。現代文の力を養うには読書が効果的と、6年間で1000冊の読破を奨励しています。
また、古文に慣れるため「百人一首」の暗唱を推奨しています。12月には百人一首の大会もあるので、それを目標に覚えていくと良いでしょう。
授業以外にも、授業前のМタイムには速読練習を行っています。
漢検の取得も推奨しており、年2~3回、漢検の模擬試験(2~3級対応)も実施しています。

ページトップへ