浦和ルーテル学院中等部・高等部

学校写真

浦和ルーテル学院中等部・高等部のご家庭の方へ

このページでは、浦和ルーテル学院中等部・高等部のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
浦和ルーテル学院中等部・高等部でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

オンライン指導はこちら
浦和ルーテル学院中等部・高等部について

浦和ルーテルはキリスト教のプロテスタント校です。「神と人とを愛する人間、神と人とに愛される人間」という建学の精神を基礎として、小学校から高等部まで、同じキャンパスで12年間一貫教育を行っています。毎日始業・終業時に礼拝が行われ、聖書の授業が6年間必修です。
授業では、1クラス約30名の少人数制クラスで、きめ細やかな指導を行います。高等部では、英語・数学・理科で習熟度別授業を行い、一人一人の理解度に合わせて授業を進めます。

浦和ルーテルは英語教育に力を入れており、中3から高2の希望者を対象に、夏休みを利用した3~4週間のアメリカ研修が行われます。また、高等部では、アメリカルーテル系高校への1年間の留学制度もあります。

浦和ルーテルでは、学校の授業対策で通塾する生徒が少なくありません。ただ、浦和ルーテルは独自のカリキュラムに沿って授業が進むため、塾では学校に合わせた対策が難しくなっています。
浦和ルーテルでの成績を上げるには、浦和ルーテルのカリキュラム・授業進度に合わせて対策をしていくことが大切です。

浦和ルーテル学院中等部

英語

家庭でも英語に親しむ

浦和ルーテルでは、英語を重視しており、「中等部で全員英検3級取得、高等部で全員2級取得」を目指して、小1から英語学習を取り入れています。外国人教師と日本人教師とのチームティーチング制を採用し、外国人教師による英会話の授業も行われます。
英語は、苦手意識を持ってしまうと成績が伸びにくい教科です。家庭でも英語に触れる機会を多く作り、英語に慣れ親しんでおきましょう。

数学

授業内容はその日のうちに復習を

数学は、『精解中学数学 代数編・幾何編』を使用して授業が進みます。テキストの内容が高度なため、授業についていけなくなってしまうケースがあります。
授業についていくためには、習ったことはその日のうちに復習し、分からないところをそのままにしないよう、すぐに解決する習慣を早めに身につけることが必要です。

進学・カリキュラム

効率良く受験勉強を進めよう

内部進学については、中学部で一定以上の成績をとれば、全員高等部へ進学できます。高1に占める内部生の割合は約90%で、内部生と外部生は、高1から混合クラスになります。

高2からは、進路に合わせ、クラスが理系・文系に分かれます。高3になると、受験対策として「大学受験講座」「夏期講座」などが開かれ、学習進度に合わせて、さらに少人数の授業が行われます。
苦手な部分や志望校に出やすい問題から優先順位をつけて取り組み、効率良く受験勉強を進めていきましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ