浦和明の星女子中学校・高校

学校写真

浦和明の星女子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、浦和明の星女子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
浦和明の星女子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

浦和明の星女子中学校・高校について

浦和明けの星女子は、「正(一人一人を大切に)・浄(真に自由な人間として)・和(互いに助け合って)」を校訓とした、カトリックのミッションスクールです。ゆったりと落ち着いた雰囲気が特徴です。
2003年に中学が開校、2006年に高校での募集を停止し、完全中高一貫校になりました。100%に近い進学率で、90%以上が4年制大学に進学しています。
浦和明けの星女子では、「個性の適性」を重視し、一人ひとりに対応したきめ細やかな指導を目指しています。理数教育に力を入れており、理科では実験や観察を多く行って、理解を高める工夫がされています。
各学年で、宗教(道徳)の授業が週1時間行われるのも、浦和明けの星女子の特徴です。

授業は、大学受験を意識した独自のカリキュラムに沿って進められます。先取り学習を取り入れているため、進度が速く、国数英の3教科は中2までに中学の学習内容を修了します。

さらに、授業内容の難度が高いので、分からないところがそのままになってしまうと、授業についていけなくなってしまいます。
授業についていくためには、予習・復習を欠かさず、分からないところや理解が曖昧なところを残さないように勉強することが大切です。

また、授業時間も多いので、家庭学習では、苦手な部分やテストに出やすい部分から重点的に復習し、効率良く勉強していきましょう。

浦和明の星女子中学校

英語

リスニング力を高めるには・・・

浦和明けの星では、英語の「聞く・話す」能力の育成に力を入れており、英会話の授業が中1から実施されています。英会話の授業では、クラスを2分割し、ネイティブの教員が指導を行います。

英会話では、リスニング力が重要です。リスニング力を高めるためには、ラジオで英語のニュースを聞いたり、英文を聞いて文章を書きとるディクテーションを行ったりして、英語に触れる機会を多く作ることが大切です。

ニュートレジャー対策 さらに詳しくはこちら ≫

数学

独自の教材に合わせた対策を

数学の授業はオリジナルテキストやプリントを主に使用して進みます。そのため、塾や市販の教材では対策が難しくなっています。
授業中に集中してしっかりノートを取り、後から見て復習できるようにするなど、授業内容・進度に合わせて対策をしていきましょう。

カリキュラム・進学条件

高校から少人数制の選択科目を実施

浦和明けの星女子では、日常生活に問題がなければ、希望者全員が高校へ進学できます。2006年度から、高校募集は停止されています。
高校では、「学習を深めると共に、多様な進路希望に対応すること」を目的として、英語演習、「クリエイティブ・ライティング」、オーラル・イングリッシュ、フランス語など、多数の選択科目が用意されます。選択授業の多くは、20~30人程度の少人数で実施されます。

高2からは、進路別に理系・文系に分かれます。高3では、授業の半分以上が選択科目になり、10~30名の少人数体制での指導になります。
受験に向けて授業の難度が高くなるので、習ったことはその日のうちに復習し、しっかり定着させていきましょう。

浦和明の星女子中学・高校の喜びの声
ご家庭から体験談

「テスト対策で20点アップ!」
「プロの先生はやっぱりすごい!」

浦和明の星中学校 1年埼玉県 Y.Nさん(お母さまより)

テスト前の対策が本当によかったようです!
いつもは前日になってからやっと教科書を広げていましたが、今回はS先生の立ててくださった計画通りにやったようです。
点数が20点くらい上がっていました。プロの先生はやっぱりすごいですね。
ページトップへ