跡見学園中学校・高校

学校写真

跡見学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、跡見学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
跡見学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

跡見学園中学校・高校について

創立100年以上の伝統ある中高完全一貫校です。高い知識、幅広い教養を養い、名実ともに国際化された現代社会で活躍できる自立した女性の育成に努めています。習字、情報、作法なども跡見で学べます。
さまざまな組み合わせの科目が選択できるように組み立てられた、柔軟なカリキュラムは、大学入試対策を徹底的に行う演習科目が充実しています。

しかし、学校の補習で対策が十分かと言うと、そうではありません。補習をしても、根本から学習を見直さないと未消化単元や苦手単元が残ってしまうことが、往々にしてあります。
ですから、どの教科も、上記のような跡見独自のカリキュラムと特殊教材に対応した対策を、個別にしていくことが大切です。

跡見学園中学校

数学

数学では教科書に「体系数学」、問題集に「体系数学問題集」を使用しています。
また、その日までに学習した内容をプリントにした「日々の演習」が毎日の課題として出されます。このプリントをしっかり解き、内容理解の徹底を図るとともに、学習習慣もつけるようにしていきましょう。
高2からはセンター試験の問題に取り組み、大学受験にそなえます。

英語

英語の授業では、外国人教師と日本人教師による少人数の英会話授業の他、英語の本を各教室に50冊ずつ配布するなど、英語に親しめる環境作りをしています。
外国人講師によるオーラルコミュニケーションは、高校になってからの選択制です。
特色があるものとして、自作原稿の全校スピーチコンテストや、中学レシティーション(暗記)コンテスト、実用英語技能検定などを校内で実施しています。
英語の授業で使用しているのは「NEW CROWNⅠ」「準拠ワークブック」です。

国語

国語では、オリジナル教材を活用し、漢文・古典文法を徹底して学びます。生徒に合った教材を使用することで、効果的な指導を実践しています。
また、年に2回、6学年一斉に全校漢字試験を実施するとともに、校内で「日本漢字能力検定」「日本語運用能力検定」も実施しています。
漢字・語彙力の育成を6年 間通じて徹底して行い、漢字能力検定2級を卒業までに取得することを目標にしています。

社会

社会では、教科書・副教材の他、オリジナルプリント・オリジナルテキストも使用します。
補習は、学習の遅れが出てきた生徒を対象に、始業前や昼休み、放課後などを活用して、随時行っています。補習の内容は、小テストの追試や定期テスト対策など、生徒の状況によって様々に違います
完全に分からなくなってしまう前に、学校主催の補習で未消化単元・苦手単元をなくせるように勉強していきましょう。

ページトップへ