文教大付属中学校・高校

学校写真

文教大付属中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、文教大付属中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
文教大付属中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

文教大付属中学校・高校について

文教大付属では、「人間愛」を校訓とし、幼稚園から大学まで一貫した教育体系で、「慈愛の心を育てる」「輝く知性を身につける」「世界に飛躍する力を養う」という3つを柱とした指導を展開しています。

在学中、日常生活に問題がなければ、文教大学へ内部進学することができます。

ただ、近年では他大学受験にも注力しており、「現役で国公立大学を含めた難関大学に進学すること」を目標としたカリキュラムで指導を行っています。
習熟度別授業を取り入れ、中3からは、成績に応じてハイレベルクラス・スタンダードクラスの2クラスに分かれます。
また、内部生と外部生は高2から混合クラスになり、ハイレベルクラス・スタンダードクラスは進路に合わせて「文コース」「理コース」に分かれます。
さらに、中1の英語、中2の英数国では少人数制授業を行い、きめ細やかな指導を目指しています。

文教大付属では、放課後・長期休暇中の講習、入試を想定した模擬試験、学習コーチ制度、予備校の衛生講座など、受験に向けたサポートが充実しています。
こういったサポートを積極的に活用し、苦手を克服して、受験に向けた実戦力を養いましょう。

授業では、基礎学力の定着を重視し、英数国理社の主要5教科に多くの時間を当てています。先取り学習を採用しているので、進度が速いのも特徴です。
自分に合った予習・復習の学習習慣を早めに身につけ、授業についていくことが大切です。なお、上位校を目指している場合には、学校の勉強に加えて、入試に向けた独自の対策を自主的に進めていくことも必要です。

文教大付属中学校

国語

漢字テストには計画的な対策を

国語は、全ての学年で、教科書と知識分野(文学史、文法など)の複数担当制をとっています。
読み書きだけでなく、「自分の考えを発表できる能力」を重視し、話す、聞くという「伝え合う力」の養成に力を入れています。
高2からは、大学受験を意識して小論文対策や国語演習を取り入れ、放課後や夏休み中にも講習を実施します。

中学の間は、「中3までに漢字検定試験3級の取得」を目標に、週に1回、漢字テストが行われます。漢字テストで良い点数を取るためには、自分に合った暗記のやり方を身につけ、家庭で計画的に学習を進めておきましょう。

英語

リスニング力を身につけるためには・・・

教科書はNEWCROWNを使用しております。「実用的な英語を身につけ、国際社会に貢献できる人材の育成」を目指し、ネイティブの先生による英会話やGTEC(英語コミュニケーション能力テスト)に取り組みます。

リスニング力を身につけるためには、英語の発音やリズムに慣れることが不可欠です。教科書を音読したり、英文を聞いて内容を書き取るティクテーションを行ったりして、家庭でも英語に触れる機会を多く作りましょう。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ