文化女子大杉並中学・高等学校

学校写真

文化女子大杉並中学・高等学校のご家庭の方へ

このページでは、文化女子大杉並中学・高等学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
文化女子大杉並中学・高等学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

文化女子大杉並中学・高等学校について

建学精神

文大杉並は、『わかる授業の徹底』『自ら考える生徒の育成』という基本コンセプトを持っています。

高校のコースは4通り

文大杉並高等学校には、「特別進学コース」「英語コース」「総合コースアドバンストクラス」「総合コース」の4つがあります。
志望校によってクラスは異なり、1クラス25人前後の少人数制です。

文化女子大杉並高等学校

特別進学コース

教意識の高い生徒が集まる、外部受験クラス

文大杉並の特別コースでは、授業に加え、希望者による放課後・早朝の特別講習や夏春の合宿勉強会があります。
「論理演習」や「総合的な学習の時間」などもあり、学ぶ意欲の高い生徒が多くいます。

英語コース

英語に特化した、海外と触れ合うクラス

英語に重点を置いた授業が展開されます。
カリキュラムは、英語の読解力・作文力・文法力・会話力を高める構成です。
3年次では、「異文化理解」「時事英語」「LL演習」等の選択科目も取り入れています。

総合コース

学年の約4分の3が所属するコース

総合コース内には、難関大学受験を目指す生徒に向けた「アドバンストクラス」があります。
「アドバンスクラス」と「文理クラス」は、年度ごとにクラス間を移動することができます。

内部進学

内部進学するのは、2割弱

文大杉並からは、文化学園大学グループヘ最優先で入学することができます。
毎年、附属高校卒業生の約15%が内部進学をします。文化学園大学、同短期大学部、文化服装学院と3つが用意されています。

ページトップへ