学習院初等科

学校写真

学習院初等科のご家庭の方へ

このページでは、学習院初等科のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

学習院について

学習院は、1877年に華族学校として発足した学校です。「進んで工夫し努力する子ども」「真心を持って人や物に接する子ども」「美しさを感じとる心の豊かな子ども」「健康や安全に心がけ進んで体を鍛える子ども」の4つの柱を目標に掲げています。
また、学習面では、すべての教科において基礎基本を大切にしています。全学年で専科教員を配置し、高学年になると、学級担任が国語・社会・算数の専科となり、学年全員を指導する「完全専科制」を取ります。

国語は「正しく書く」を重視する

学習院の国語では、教科書を中心とし、副教材としてオリジナルのテキストを使用しています。
「正しく話す・正しく聞く・正しく読む・正しく書く」を目標にしています。特に、文字は正しく美しく書くこと目指し、正しい姿勢と鉛筆の持ち方を身につけ、一文字ずつ丁寧に書くことを推奨しています。

学習院独自の「文法学習」

また、小1から6年間、「文法学習」を学ぶのも、学習院の特徴です。さらに、独自テキストの「話し方、書き方」で、レポートを書く際に役立つ力を養います。小1~4は担任、小5・6は専門教師が作文・書写などのきめ細かい指導を行っていきます。

算数の授業は「課題解決型学習」で進む

算数については、小4まではクラス担任が受け持ちますが、小5からは専科制になります。考えを話し合って解決していく、「課題解決学習」で授業が進められます。

小4から週1回、英語の授業が始まる

学習院では、小4から週1回、小5・6からは週2回、英語の授業があります。少人数分割クラスで、日本人の教師とネイティブ教師によるヒアリング重視の授業を行います。歌やゲーム、スピーチなどを取り入れ、「実際に使える英語」の習得を目指しています。

学習のポイント

全クラス、同一進度、同一教材による公平な授業

学習院では、全クラス、同一進度、同一教材による公平な授業を展開しています。クラスによって、受ける授業に差はありません。ですので、良い成績を取るためには、家庭学習がポイントになります。
特に、学習院では宿題があまり出ません。そのため、授業の内容を定着させるためには、授業の予習・復習を自主的に行うことが不可欠です。
高学年になると、授業の内容も高度になるので、低学年のうちに、お子さんに合った学習サイクルを確立しておきましょう。

内部進学

原則、全員が付属中学校へ進学

原則として、全員が学習院中等科(男子)、もしくは学習院女子中等科(女子)に進学できます。

ページトップへ