川村小学校

学校写真

川村小学校のご家庭の方へ

このページでは、川村小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

川村小学校の特長と対策ポイント

カリキュラム

漢字テストや計算テストが頻繁に行われる

川村小は、国語・算数の基礎学力徹底に力を入れています。そのため、漢字テストや計算テストが頻繁に実施されます。このテストは、満点をとるまで、やり直しが求められます。
また、読書を推奨しており、読解力を伸ばしています。

英語は、小1から授業を週2回行います。そのうち1時間は外国人講師によるチームティーチング制です。

低学年は学級担任制ですが、高学年では教科担任制を導入し、より専門性のある授業を行います。

学習のポイント

テストで点数を取ることが大切

川村小は宿題量が多いようですが、実際はテストで点数さえしっかり取れていれば、宿題はないに等しいと言えます。
反面、テストで点数が取れないと、宿題量は膨大になります。満点になるまで繰り返されるので、積み重なればなるほど大変になります。

そのため、川村小で自分のペースを保って学習するには、こまめな予習・復習が必要です。テストで満点がとれるよう、分からない単元を残さず対策しましょう。少しずつ積み重ねることで宿題量は減り、自分で学習量を調整できるようになります。

もし、中学受験をされる場合も、学校の勉強で基礎力さえ養っておけば、学校の宿題が忙しく、塾通いが出来ないということもありません。 早い段階で、毎日の学習をコントロールできるよう、学習習慣をつけることが大切です。

算数

川村小では教科書、問題集、プリントを使用して、授業を進めています。 また、テストは授業範囲から出題されるようです。 単元が終わるごとにテストがあるので、苦手な内容を積み重ねないようにしましょう。

また、宿題として週に2~3回、「バラプリント」と呼ばれているA4用紙が1枚出されます。加えて、『私学問題集』から抜粋して出題されます。 宿題が多く内容も難しいですが、授業中に分からない所があれば、授業後に先生に聞いておくと良いです。

算数プリント類は、「合格(=90点以上)」がもらえるまで何度でも再提出なので、なるべく一回で合格できるように、日々の学習を大切にしましょう。

国語

川村小は、テストを頻繁に行います。
特に国語の漢字テストは頻繁に行われています。
漢字テストは、100点をとるまで合格にはならず、繰り返し再テストされるので、基礎力が確実に身に付けられます。
宿題は、各種プリント、テストの直し、漢字練習が中心になります。低学年の間は、国語力を身につけるため、教科書の音読も宿題になります。

また、国語のテストは単元ごとにテストがあるが、範囲も決まっているので丸暗記をすれば満点が取れるようです。
ただ学年末の50題のテストは、テスト内容の範囲が広いので苦労する方が多いようです。
単元ごとのテストが返ってきたら、しっかり復習をしておきましょう。

内部進学

学校長の推薦で、ほぼ全員附属中学へ進学できます。

ページトップへ