立教女学院小学校

学校写真

立教女学院小学校のご家庭の方へ

このページでは、立教女学院小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

立教女学院の特長と対策ポイント

カリキュラム

立教女学院について

立教女学院では、キリスト教の信仰に基づいた教育を行っています。特に女性にふさわしい人格の基礎を作ることを目的としています。
立教女学院の教育目標は「健康で明るい子」「進んで行動する子」「まわりの人を大切にする子」です。
授業のサポート体制が整っており、立教大学の学生やOBが、授業や仕事の合間を縫って小学校の授業を助ける体制となっているのが特徴です。

小学3年生から英語教育を導入

立教女学院では、英語教育に力を入れています。小3から週1回、英語の授業が実施され、小4からは週2回授業になります。
ただ、小学生のうちは、英文法に重きを置いた授業ではありません。そのため、自分なりに勉強を進めていかないと、中学校で外部生にすぐ追いつかれてしまったり、進度の速い授業についていけなくなってしまいます。
英語には低学年のうちから日常的に取り組み、基礎力をしっかり身につけておくことが大切です。

学習のポイント

「家庭学習の習慣づけは各家庭に任せる」という教育方針

立教女学院では、基本的に「家庭学習の習慣づけは各家庭で」という姿勢を取っています。
そのため、低学年では、勉強道具は原則、学校に置いておき、家庭学習が必要なときだけ持ち帰ります。

ただ、高学年になると、授業の進度も速くなり、内容も高度になります。加えて、中学からは外部生も入ってくるので、上位の成績を取るためには、なるべく早めに、お子さんに合った勉強のやり方を身につけておくことが必要です。

内部進学

基本的に全員が付属中学校へ進学

原則として全員が、立教女学院中学校に進学できます。

ページトップへ