東京都市大学付属小学校

学校写真

東京都市大学付属小学校のご家庭の方へ

このページでは、東京都市大学付属小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

東京都市大付属の特長と対策ポイント

カリキュラム

付属校でありながら、全員が私立や国立への進学を希望している学校です。学習プログラムも、その期待に応えるものとなっており、高学年では外部受験の対策も行います。

低学年では、頭だけでなく、からだ全体で学ぶ体験学習を重視しています。宿題が多く、最初は勉強のペースをつかむのに苦労されるかも知れません
中学年では、学習習慣を身につけることに重点を置いています。
高学年では、目標を持って自分から進んで学習し、問題解決力の養成を目的としています。

教科担任制度はとっていないので、特別な教科以外は担任が教えます。
ですが、小1から音楽・体育・英語は専科の教師が担当し、小3からは理科・図工、小5からは家庭科も専科になります。
算数は高学年から、習熟度別授業です。4グループにわかれ、習熟度に応じた細やかな指導を実施しています。

また、年2回、計算力大会と漢字書き取り大会が実施されます。全問正解者は表彰されるので、日頃から計算力と漢字力は高めていくようにしましょう。

学習のポイント

東京都市大付属小学校は、低学年の頃は体験学習を通して、じっくり学ぶ体制ですが、高学年になるにつれ、外部受験に対応する高レベルな授業が増えてきます。

低学年のうちは宿題が多く、なかでも国語の音読は中学年まで毎日宿題に出されます。教科書は学校に置いて良いという体制ですが、国語の宿題をこなすには、持ち帰らないとこなせません。

その他の宿題は、授業に関連したプリントの宿題がよく出ます。授業の内容やお子さんの理解度をはかるには便利なプリントなので、必ず目を通されることをおすすめします。

東京都市大付属小学校は、ほぼ全員が中学受験をする前提の学校なので、高学年ともなると塾に通い始めるお子さんも少なくありません。
外部受験に関しては学校も積極的で、面談では塾や志望校の相談をしたり、受験勉強について話したりすることができます。
塾の問題集や志望校の過去問を学校に持参し、教えてもらうことも可能です。
通常の授業でも、「つるかめ算」や「流水算」のように、中学受験で必要となる知識も学習します。

学校の授業や先生のバックアップを利用して、中学受験に備えていくと良いのではないでしょうか。

内部進学

学習、生活の両面から総合的に判断され、併設中学への進学が認められます。
実際には、他の私立校・国立校を希望される生徒さんが多く、毎年、大半の生徒さんが学習院、共立女子、慶應、女子学院、桐朋、世田谷学園、海城、立教新座、栄東などへの進学を果たしています。

ページトップへ