東洋英和女学院小学部

学校写真

東洋英和女学院小学部のご家庭の方へ

このページでは、東洋英和女学院小学部のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

東洋英和について

東洋英和は、「キリスト教による人間形成を重んじ、敬神奉仕の精神に富む女子を育成すること」を目的としています。私立小学校には珍しく、創立以来、週5日制です。2学期制で、1クラス40人・1学年80名体制を取っています。
また、毎朝礼拝を行ったり、日曜日には教会学校へ参加したりと、キリスト教を教育の土台に据えているのが、大きな特徴です。

様々な仕組みを導入した独自のカリキュラム

東洋英和では、様々な仕組み・制度を取り入れ、独自のカリキュラムを編成しています。
たとえば、音楽・図工・体育・英語・聖書については、小1から専科教諭が授業を行います。
小4からは、全教科での教科担任制度や協力教授組織などを取り入れ、児童の個性と特質に応じたきめ細かな指導を行っています。また、学習内容が複雑になる算数では、高学年からチームティーチング制も導入しています。

英語教育にも力を入れている

東洋英和では、英語教育に力を入れているのも特徴のひとつです。授業は小1から始まり、小1で週0.5時間、小2・3で週1時間、小4~6で週2時間の授業を実施しています。
「実際に使える英語の習得」を目指しており、外国人教師も指導にあたります。国際化・情報化社会にも対応できるようなカリキュラムです。

学習のポイント

算数

教科書は『算数 上・下(学校図書)』を使用しています。その他にも、副教材として、『新小学問題集』を使用しています。

学年や先生にもよりますが、毎日20題のプリント課題が出されることがあります。また、定期テストとは別で月に2回テストが実施されます。(平均点はでませんが、80点が合格点です)

国語

使用教科書は学校図書のものと、『漢字の学習(青葉出版)』を使用しています。テストは、カラーテストではなく、先生が作成したオリジナルのテストを使用しています。出題内容は教科書と同じです。
毎週水曜日に漢字テストがあります。漢字だけではなく、一文すべてを書く問題が10問出題されます。

通塾が負担になってしまうケースも見られる

東洋英和は、比較的のびのびとした校風ですが、それでも、高学年になると、かなりのお子さんが塾に通い始めます。
ただ、東洋英和は独自のカリキュラムで授業が進むため、市販の参考書や塾でフォローをしようとしても、対策が難しかったり、負担が大きくなってしまったりするケースも見られます。
ですので、外部受験をしないのであれば、東洋英和のカリキュラムに沿って対策をしていくことが大切です。なるべく早く合った勉強のやり方を身につけ、中学に上がるまでに、小学校の既習範囲の基礎固めをきちんと終わらせておきましょう。

内部進学

ほぼ全員が中学部に進学

ほぼ全員の卒業生が東洋英和女学院中学部に進学します。

ページトップへ