学習院中等科・高等科の定期テスト、進級・進学対策 | 私立専門・オンライン家庭教師のメガスタ
私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

私立専門・家庭教師
指導実績 全国NO.1!

学習院中等科・高等科
定期テスト
点数上げます!

学習院中等科・高等科に
準拠した指導ができます

私立専門・家庭教師のメガスタ(旧・私立専門 家庭教師の一橋セイシン会)の学習院中等科・高等科専門対策ページにお越しいただき、ありがとうございます。
このページでは、学習院中等科・高等科のカリキュラムや定期テスト(定期試験)、内部進学対策について解説しています。
学習院中等科・高等科のご家庭から「うちの子に合う学習塾がない」「学習院中等科・高等科のテスト対策や補習ができる先生がいない」「子どもの成績がアップしない」「試験で結果が出ない」というお悩み・ご相談をよく聞きます。
学習院中等科・高等科のご家庭で、お子さんの学習面でお困りの保護者の方にとっては、役に立つ情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

私立専門 家庭教師メガスタ

学習院中等科・高等科
について

学習院中等科・高等科の特長

学習院は「ひろい視野 たくましい創造力 ゆたかな感受性」を教育目標としており、学習院中等科・高等科の他にも、学習院大学・学習院女子大学、学習院女子中等科・高等科、学習院初等科、学習院幼稚園の中で、学習院特有の知力・体力・道徳・気品の習得を目指した一貫した教育を行っています。
学習院中高は3学期制で、カリキュラムの内容・進度ともに公立校と比較しても標準的です。ただし授業の難易度は高めとなっていますので、ちょっとしたつまずきにも早めに対処することが重要です。

学習院中等科・高等科の使用教材について

学習院中等科・高等科では以下の教材を授業で取り扱っています。成績を決めるうえで重要となる定期テストは、基本的にこれらの教材の内容から出題されるため、教材に沿った勉強を行い、理解することが重要です

英語

『NEW CROWN』、授業プリントなど

数学

『数BEKI』、授業プリントなど

国語

授業プリントなど

理科

『物理基礎』(数研出版)、『化学基礎』(数研出版)など

学習院中等科・高等科の定期テスト対策

学習院中等科・高等科の定期テストの難易度は標準的です。出題内容もほとんどが授業内で扱われた内容から出題されるため、どの教材からどのように出題されるかを分析した上で勉強する必要があります。
各教科の定期テスト対策のポイントは以下の通りです。

英語

ワークとプリントの対策で100点も狙える

定期テストは、ワークや授業中のプリントから出題されます。
英作文や並べ替えの問題が多く、難しく感じるかもしれません。ただ、ワーク・プリントをしっかりやっておけば、点数を取ることができます。
授業中だけでなく、自分でもワークやプリントを何度も演習することが大切になってきます。

解答は、基本的に記述式です。選択形式の問題ではないので、スペルを間違わずに覚えることや、時をきれいに書き、点数をもらうということが大切になります。
テストだからといって、急いで雑な字になるのではなく、丁寧な字で解答しましょう。

数学

数学βのプリント、4STEPの対策をしよう

学習院高等科の数学の定期テストは、数学共通ではプリント冊子と『4STEP』から5割、数学βではすべてプリントからの出題となっています。どちらのテストにおいても数字や条件は変えて出題されます。
中等部の数学の定期テストは、『教科書』と、授業で配られるプリントから出題されます。 途中式を書かせるなど、答えや公式の丸暗記では解けない問題ばかりです。授業内容をきちんと理解しておくことが大切です。
教科書やプリントを何度も解きなおすことで、解き方を暗記してしまうといいでしょう。

また、途中式では文字の丁寧さも評価対象になります。
テストだからと、急いで雑に書かずに、評価対象であるという意識を持って、丁寧に回答しましょう。

国語

授業で学んだことが出題される

中等科国語の定期テストは、授業で習った内容から出題されます。教科書・ノートを中心に、対策をすることが大切です。
特徴としては、記述が多く、抜き出し・論述問題が目立つことが挙げられます。

さらに、問題文が長いため、テスト中に考え込む時間はありません。設問を読めばすぐ解答できるよう、教科書・ノートを繰り返し見直しておきましょう。
また、教科書から出題される漢字の書き取り問題は、大切な得点源となります。

漢字は、何度もやれば、覚えられるものです。得点源にできるよう、忘れずに練習しておきましょう。
一度にやろうとすると、量が膨大になり、こなしきれなくなってしまいます。
普段から少しずつ練習して、テスト前に焦ることのないようにしましょう。

高等科国語の定期テストは、授業で用いたプリントからの出題です。成績には平常点なども含まれませんので、日頃の授業で身につけたことを、定期テストでしっかりと点数にできるかどうかが重要です。

理科

教材からの出題が9割

内容は、主に、プリント・ワークから出題されます。基本的には授業でやった内容が出題されますが、例えば中2の生物の授業では、プリントしか使用せず、板書もなく、授業の内容を自分でメモするしかない場合もみられます。重要単語の暗記だけでなく、実験の手順・結果なども押さえ、原理・原則から理解するように心掛けましょう。

中等科の定期テストは、理科は4科目全て分けて別々のテストを実施しています。科目数がかなり多いので、全ての科目をしっかり対策しようと思うと相当な時間をかける必要があります。2週間前からの勉強だけでは追いつかないため、普段からの地道な復習が必要です。

高等科の定期テストは、物理・化学ともに、教科書からの出題がほとんどです。ただし、1割程度応用問題も出題されるので、日頃の授業からしっかりと理解できるように取り組むことが重要です。

学習院中等科・高等科の進級・内部進学について

進級基準は「学年平均点が60点以上、50点に満たない科目が3年次に2科目以内」となっており、実力試験は3年次の9月と1月に2回行われ,その平均40点以上が推薦の基準となっています。この欠点は「評点が50点未満または1/3以上欠課した場合」となっています。

なお、学年平均点が60点未満の場合、60点との差を借点とし、借点は各学年最大5点です。また「学年平均点が45点以上49点以下」の場合は留年または退学、「学年平均点が44点以下」の場合は退学、「欠席が40日以上、または欠課が40回以上、欠課回数-欠課時数+0.5×遅刻(早退)」の場合は留年と定められています。

さらに、学年平均点が50点以上54点以下、課題テストに合格した場合は進級できる仮進級という制度もあります。
なお、大学推薦の基本資格は「3年1・2学期の平均点-1・2年終了時の借点の和≧60点、かつ欠点が2科目以内」「実力考査の総平均(1回目の平均+2回目の平均)が40点以上」となっており、推薦の基本点は「3年1・2学期の平均点+実力考査の総平均[A(200~125)B(124~115)C(114~100)]となっています。

学習院中等科・高等科の
成績を上げるために
メガスタの家庭教師が
できること!

基礎的なことに抜けがある場合

苦手科目・単元の原因の大半は、前に習った内容の理解不足です。
ですので、基礎的なことから抜けがある生徒さんには、家庭教師が前の学年の内容までさかのぼって教え直して、苦手の原因を解消していきます。

現在の学校の授業についていけない場合

「学校の今の内容がわかりづらい」という生徒さんには、学校の授業についていけるように、家庭教師が日々の学校の授業内容を理解させるようにしていきます。

定期テストの傾向を分析、テストに出るところを対策

学校の定期テストは、模試と異なり、出題範囲が決まっているテストです。
また、教科書・問題集・プリントなど、どの教材から何割くらいテストに出るかもほぼ決まっています。家庭教師が直近のテスト傾向も分析した上で、次の定期テストに出やすいところを集中的に対策し、お子さんが点を取れるようにしていきます。

勉強のやり方から教えます

家庭教師は、単にわからないところを教えるだけの存在ではありません。
学習院中等科・高等科で良い成績を取るための「勉強のやり方」から指導していきます。また、家庭教師が指導する日以外の時間に何をするかも指示し、学習習慣も定着させていきます。



大まかですが、メガスタの家庭教師がこうした指導を行うことで、お子さんの成績を上げていきます。

メガスタと塾・予備校、どちらが最適?

集団形式の塾(予備校)は、学校のカリキュラムと合わない

集団授業の塾・予備校の場合、カリキュラムや進度、教材があらかじめ決まっています。
ですので、学習院中等科・高等科のカリキュラムとは内容も進度も合いません。
また、集団授業の塾の場合、基本的に個別対応は期待できないので、お子さんが塾に合わせて勉強をしなくてはなりません。

完全1対1のマンツーマン指導

個別指導塾の注意点は、実際は先生1人に対して生徒が2~3名という塾が多いことです。
一方、私立専門メガスタの家庭教師は、完全1対1のマンツーマンで指導します。同じ90分指導でも、1対2~3の指導よりも、お子さん一人だけにじっくり時間をかけて指導することができます。
学習院中等科・高等科にお通いの生徒さんで、「苦手科目がずっとそのままになっている」「基礎的なことから抜けが多い」「勉強のやり方がよくわかっていない」という生徒さんには、私立専門の家庭教師が最適な選択肢と言えるのではないでしょうか?

訪問型の家庭教師、オンライン家庭教師どちらでも選択できます

オンライン指導でも訪問型指導と同じ学習指導がうけられます!

メガスタのオンライン指導なら、どこにお住まいでも学習院中等科・高等科の対策ができます。映像授業とは違い、顔と手元を同時にパソコンに映しながら、リアルタイムで学習指導を行います。学習院中等科・高等科の授業で理解が不足している箇所や、定期試験対策まで指導を行います。
ご自宅に家庭教師が訪問できない地域にお住まいの方や、自宅が最寄駅から離れているという方はもちろん、部活で帰りが遅い、自宅に講師を呼ぶのが負担に感じるというご家庭の方にもご利用いただいています。

日本で唯一メガスタだけ画期的な授業システムを用意

「顔(表情)」と「手元」を2画面で同時表示できる日本唯一のオンライン指導システム

  • 生徒の方の微妙な表情の変化や、手元の動きを見逃さず、学習指導します。
  • 手元が鮮明に写るので、質問や問題を解きながらの解説もスムーズです。
  • 安定稼動率は99%以上。途中で切れたり、会話にタイムラグが発生する心配はほとんどありません。
    ※ご自宅のネット環境に不具合が発生した場合は除きます。

かんたん動画で分かる!

実際のオンライン指導の様子を
動画でご覧いただけます。

「メガスタって?」 「どんな学習指導をしてくれるの?」 「オンライン指導でも成績が
上がるの?」
など、みなさんの疑問を映像で解決!
家庭教師によるオンライン指導の様子もご紹介します。

成績保証・返金保証、2つの保証制度のご案内

安心して指導をスタートしていただくことができます

メガスタでは生徒さん、保護者の方に不安なく家庭教師を始めていただくために2つの保証制度を設けています。

前回定期テストより点数が上がらなかった場合に、最大1か月分の追加授業が無料になる「成績保証制度」。

また、オンライン指導を受けていただき、指導を続けることができないと判断された場合、頂いた入会金15,000円と4回(コマ)分の授業料を全額返金させていただく「返金保証制度」もご用意しています。

どれも私立専門家庭教師として自信を持っているメガスタだからできる保証制度です。ぜひ安心してメガスタの家庭教師をご利用ください。

成績アップのために全力を尽くします!
学習院中等科・高等科の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

ご存知の通り、学習院中等科・高等科のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、学習院中等科・高等科で成績を上げるには、「学習院中等科・高等科に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの学習院中等科・高等科のお子さんを指導してきました。私立専門家庭教師のメガスタが学習院中等科・高等科に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

  • 学習院中等科・高等科のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 「全国で唯一の私立専門オンライン家庭教師です
  • 学習院中等科・高等科で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 「内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます

学習院中等科・高等科に詳しい家庭教師をお探しの方は、ぜひメガスタにお問い合せ、または無料の資料をご請求ください。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!