広尾学園中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
広尾学園中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

広尾学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、広尾学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
広尾学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

広尾学園中学校・高校について

「自立と共生」を学園の理念とし、新しい時代にふさわしい人材育成の基礎作りを目指しています。
高度な学力を身につけることを狙って、「特進選抜コース」と「インターナショナルコース」の進路目標に応じたクラス編成を行っています。

広尾学園の授業はレベルが高いのが特徴です。
月曜から金曜まで「P.L.T+6時間授業+P.L.T F-up」を行い、徹底した個別学習システムを確立しています。
通常授業のほか、土曜特別講座・休暇中の講習・定期試験前の朝学習・放課後特講など、学習プログラムがとても充実しています。
さらに、「ゴール逆算型学習」という独自のカリキュラムを採用。高度なゴールを設定して、そこから逆算することで、高い目標達成意識を持たせます。
今やるべきことをしっかりと学習できるカリキュラムです。

小テストの他、類似問題のプリントを複数回解いたり、毎日課題が出たり、作文があったり、テストがあったりと、かなり忙しい学校生活になります。
塾へ通って、学校の授業をフォローするのは時間的に厳しいといえます。
ですから、自分なりの学習法を確立し、自主的に勉強に取り組んでいくことがとても大切です。
学校生活に忙殺されず、自分なりのペースを守って、広尾学園の進度・レベルにぴったり合った対策をとっていくことが、成績をあげる近道になります。

高校1年生になると、「特進選抜」クラスは「特進Ⅰ類」コースと「医進サイエンス」コースに分かれます。
3年生になると、大学受験本番を意識した演習中心の授業になり、国公立大、難関私大への受験に備えていきます。

広尾学園中学校

小テストについて

毎週、英単語と漢字検定の小テストがあり、点数が悪い場合は、追試と居残りがあります。ですから、しっかりと予習・復習を行い、学校の授業に置いていかれないようにすることが必要です。

内部進学について

高校へは、内部テストで基準を満たしていないと進学できません。基準を満たせるよう、中学での学習範囲で、分からない所を残さないよう対策していきましょう。

ページトップへ