女子美術大学付属中学校・高校

学校写真

女子美術大学付属中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、女子美術大学付属中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
女子美術大学付属中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

女子美術大学付属中学校・高校について

「わが国の文化に貢献する有能な女性を育成する」ことを理念として掲げています。
一般教科の学習で幅広い知識や教養を身につけるのと同時に、美術を通して生徒一人ひとりの表現力と感性を磨きます。より創造性豊かな人間の育成を目指している学校です。
高校・大学への一貫性を考慮した独自の美術教育を展開しています。

各学年美術の授業は週4時間です。絵画・デザインを中心に彫刻・陶芸・染色・美術鑑賞なども行い、中学生としての基礎力と表現力を養います。また、美術の世界に触れる楽しさを理解させることに重点を置いています。

それと共に一般教科も学びます。ただ、少し変わっているのは、一般教科もすべての教科が美術に関係する仕組みになっている点です。
例えば国語の読書感想文にイラストをつける、歴史には絵入りの資料を作る、英語で職業かるたを作る、などです。
通常授業でもいろんな課題が非常に多く、しっかりこなせれば確実に基礎力がつきますが、制作作業が伴ってくるので時間もかかります。
課題の多さに疲れないよう、継続的に制作し続けることが大切です。

女子美大付属では、学校の勉強も一般教科の勉強もおろそかに出来ない状況です。学校生活はとても多忙なものになりますが、効率良く勉強を進めることでカバーしていきましょう。予習・復習を毎日少しずつでも積み重ねることが、成績アップの近道です。
成績を上げるためにも、毎日の勉強のリズムをきちんと作っていってみて下さい。

女子美大付属中学校

内部進学

在学中一定以上の成績をとれば、全員高校へ進学ができますが、一般の入学試験も受けなくてはなりません。
また、万が一、成績が基準を満たしていないと内部進学ができなくなります。中1・中2の間は基準に満たなくても、補習やレポート提出でなんとかしてくれることもありますが、中3になってから基準を下回ってしまうと高校への内部進学が出来ません。
内部進学される際には、早めに対策を始めておいた方が良いでしょう。

女子美大付属高校

他大学進学

女子美大付属で他大学受験を考える場合には、大変です。
なぜなら、特殊な授業・課題を行っているので、授業進度は遅めだからです。が、時間のかかる制作の課題が多くなっています。制作に時間がかかり過ぎて、受験勉強を圧迫してしまうことも多くあります。受験が佳境に入ってからの卒業制作提出もありますので、他大学受験を考えている場合は、かなり計画的に受験勉強を進めていかなくてはいけません。
美術だけでなく、一般教科の勉強もしっかりこなせるよう、時間を上手く使って独自に家庭学習を進められるようにしてください。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ