順天中学校・高校

学校写真

順天中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、順天中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
順天中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

順天中学校・高校について

学び方・生き方を大切にし、英知をもって国際社会で活躍できる人間を育成することを教育方針にしています。

順天は、大学受験対応の中高一貫教育体制を敷いています。

主要5教科に力を入れており、とくに国数英では、3段階の少人数制・習熟度別授業を導入し、理解度に応じた指導を実施しています。どのクラスも進度は同一です。定期試験ごとに習熟度クラスが再編成されます。
クラスが上がることもありますが、当然下がってしまうこともあるので、定期試験対策は気が抜けません。試験前にだけ勉強するのではなく、毎日勉強を積み重ねていくことが大切です。

中2から選抜特進の2クラスに分かれ、選抜クラスでは先取り学習や演習授業を展開しています。
高校になると、特進選抜類型、特進類型、英語類型の3類型に分かれ、それぞれ異なったカリキュラムで大学受験合格を目指します。
高1から受験予備校のサテライト講座を実施しています。さらに、高3で課外講座などを行い、国公立大・難関私立大の受験対策に力を入れています。

大学受験を念頭にした授業展開のため、授業進度は早く、宿題も多く出ます。小テスト・再テスト・補習などもあり、フォロー体制も充実しています。
ただ、相当忙しくなってしまうので、出来れば再テストや補習などはしなくても済むように、授業ごとにきちんと理解を深めていきたいところです。

順天では、テスト前などの学習スケジュールについて、自己管理することが推奨されています。学習計画表のようなものも配られるので、順天の方針に合わせ、家庭学習する習慣をつけていきましょう。
また、独自のカリキュラムに合わせて、予習・復習をするなど対策することも忘れずにして下さい。

順天中学校

習熟度別授業

系統学習における3教科は、三段階に分かれた習熟度別の少人数制クラス編成です。理解度に応じた指導を実施しています。クラスごとに授業進度が違うということはないため、クラス間の異動は割合スムーズです。
ただ、定期試験ごとに習熟度クラスは再編成されるので、上のクラスに上がっても油断は禁物です。

補習・小テスト

順天では、授業内容の理解と徹底を図るため、週に1回の小テストを実施しています。合格点に達しない場合は、リピート学習による完全習得を目指しています。
また、家庭学習を徹底させるとともに、長期休業期間等に様々な講習を実施し、更なる学力の向上を図っています。

それでも、特に理解度の異なる生徒については、補習などが行われます。補習を利用して、わからない所や苦手単元を克服するようにしましょう。
しかし、それだけではどうしも不十分になってしまうこともあります。全てを補習に頼るのではなく、自分で自主的・積極的に学習に取り組む姿勢を養っていくことが重要です。

内部進学

在学中に一定以上の成績をとれば、全員高校へ進学ができますが、一般入試も受けなくてはいけないので、対策をしておきましょう。
内進生と外部受験生は、高1から混合クラスになるので、中学校の既習範囲はしっかり理解しておくようにしましょう。

順天高校

特進選抜類型

東大・一橋大・東工大などの最難関の国立大や慶應大・早稲田大・上智大などの最難関の私立大学進学に必要な学力を養成します。主要教科については高度化さ せた新シラバスを用いて学習をします。
高2で、高校の学習内容をほぼ修了するため、進度は速いです。毎日の予習・復習を継続し、遅れをとらないようにしましょう。
高3には、受験科目に合わせた演習授業や選択科目を中心に学習していくので、それまでに基礎を固めておくことが必須です。
放課後や長期休業中の課外講座や特別講座も積極的に利用し、自分の進路を目指していきましょう。

特進類型

首都大東京、東京農工大、東京学芸大などの国公立大学やMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)などの難関私立大学進学に必要な学力を養成します。
高2から、文系・理系の進路に合わせた科目を選択することが可能です。高2になると、国立・私立の受験科目に対応したカリキュラムが選べます。
補習体制、受験体制とも整っており、早め早めの受験対策が可能です。学校の勉強をベースに、プラスアルファで対策していけると良いでしょう。

英語類型

全授業の1/3にあたる30単位が英語関連の授業になります。英検の取得も目指しており、全員が2級以上を取得できるよう指導を行っています。それだけでなく、TOEICやTOEFLの受験指導も行います。
かなりの高度な英語力が必要となるので、中学生のうちに英語の基礎を固め、英語類型に臨むようにした方が良いでしょう。
英語類型では、国内の難関私立大学の、語学系・国際系への進学をはじめ、アメリカなどの外国の一流大学留学に必要な学力を養成していきます。
基本的な授業は英語メインとなりますが、課外講座は英語以外の受験科目についても学ぶことができます。英語以外の教科は、この課外講座を積極的に利用するとともに、自主的にも対策を進めておいた方が良いでしょう。

順天中学校・高校の喜びの声
ご家庭から体験談

「説明がわかりやすくて、理解しやすい」
「効率よく予習できるように!」

順天高校 1年東京都 Y.Yさん

神奈川大学附属中・高等学校 虹色のBlidgeさん

家庭教師 喜びの声

■ 指導を受けて、具体的にどのくらい成績が上がりましたか?

総合50点UP。順位75位から25位へ、順位も50番UP。


■ 担当講師の指導で具体的に良かったところをお聞かせください。

・英単語のテストをして頂き、覚えていない単語を明確にして頂いた。
・豆知識も一緒に教えて頂き、引き出しを開けるきっかけになることが沢山になった。
・先生に何でも聴けるよう、質問を集めることを宿題にされることで、先に一通り勉強するようになった。


■ 最後に、一言喜びのコメントをお願いします。

数英に余裕があると幅広い知識で副教科のポイントや質問にもお答え頂き、総合的に伸ばして頂いている。

順天中学校・高校 のご家庭からの喜びの声

「説明がわかりやすくて、理解しやすい」

東京都 Y.Yさん

授業前に教えていただいているので、安心して授業を受けることができ、予習の時間を短縮し、他に回すことができるようになりました。

続きを読む ≫

ページトップへ