神田女学園中学校・高校

学校写真

神田女学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、神田女学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
神田女学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

神田女学園中学校・高校について

「誠 愛 勤 朗」を校訓に掲げ、思いやりの心(恕の精神)を実践できる女性の育成を目指しています。

中学には、国公立・難関私立大学を目指す「特別進学(プレシード)」クラス「学習コーチ」(希望する先生との個別指導システム)で不得意科目を克服しながら学力を着実に伸ばし、クラブ活動と勉強を両立させる「総合進学(サクシード)」クラスがあります。

「特別進学(プレシード)」クラスでは、漢検・英検とも準2級の取得を目指しており、対策授業も設置されています。実力を伸ばすために、放課後の勉強会イングリッシュサマースクールなどがあります。定期テスト以外に実力テストが年6回実施されるので、かなり忙しい学校生活になります。毎回のテストで良い成績がとれるよう、日頃から継続して勉強をしていくようにして下さい。

総合進学(サクシード)クラスでは、勉強法を定着させるための指導が行われます。補習も放課後にしっかり行います。実力テストは、年4回実施です。授業で理解しきれなかった所があった場合には、すぐ「学習コーチシステム」を利用し、個別指導を受けて下さい。分からない問題は、できるだけその日のうちに解決することが大切です。

高校になると、徹底した少人数教育と万全のサポート体制でGMARCH以上の大学への全員合格を目指す「特別進学(エクシード)コース」と不得意科目を克服しながら学力を着実に伸ばし学習習慣をつける「総合進学(サクシード)コース」に分かれます。

特別進学(エクシード)コースでは、どの教科も入試へ向けて実戦的な授業内容になっています。
まず、長期休み中に講習会がある他、勉強合宿大手予備校講師によるセンター講習などがあります。実力テストは、高1で年7回受けることになります。

総合進学(サクシード)コースでは、高2から進路に合わせてコースを選択します。また、進路や興味などに合わせ、選択科目を選べます。

以上のように、神田女学園では進路に向けて、6年間、明確な道筋が示されています。特進コースの場合、神田女学園で良い成績を修めることが、入試対策にもつながります。成績を上げるためには、神田女学園のカリキュラムに沿って、学校の授業で使用するテキスト・オリジナルプリントをよく復習していって下さい。小テストも、間違えた問題は必ず見直し、再度自力で解いてみることが大切です。

神田女学園中学校

英語

「特別進学(プレシード)」クラスの授業は、中3になると、洋書や英字新聞を活用し、翻訳に取り組みます。長文を正確に読み取る力が鍛えられます。
総合進学(サクシード)クラスでは、ネイティヴの教師の授業で、会話やリスニング力を養います。日本人教師の授業では、文法を中心に、教科書や問題集を使って学びます。

国語

「特別進学(プレシード)」クラスの儒儀容は、1時間に1回以上必ず発言する機会があるので、主体性を持って授業に参加することが大切です。「書くこと」が多く取り入れられるので、文章を書き慣れておくようにしましょう。作文や論文のコンクールへの積極的な参加が勧められます。
総合進学(サクシード)クラスでは、古典を中1から「百人一首」のテキストを使って学びます。

数学

「特別進学(プレシード)」クラスの授業では定期的にオリジナルの小テストが実施されます。この小テストで点数をとるためには、毎日の復習をしっかり行っていくことが大切です。授業で使用した教材・ノートなどをよく見直して、分からない問題が残らないように対策していきましょう。数学の授業では積極的に入試問題の演習を扱い、応用力を伸ばしていきます。
総合進学(サクシード)クラスでは、基礎・基本を重視し、計算の反復練習から文章題・応用問題まで取り組みます。学年が上がるごとに問題演習を多く取り入れ、高校入試問題などにも取り組みます。

社会・理科

「特別進学(プレシード)」クラスの授業ではオリジナルプリントで問題演習を行い、小テストを実施します。小テストで点をとるためにも、オリジナルプリントは、繰り返し復習するようにしてください。
社会では、新聞やパソコンを利用した授業があり、中3には裁判所見学に行きます。NEWS時事能力検定にもチャレンジします。
総合進学(サクシード)クラスの授業では、夏休みに自由研究が必須です。レポートの書き方を丁寧に指導してくれるので、この指導を必ず身につけ、レポート(実験レポート、自由研究レポートなど)の作成に取り組んでみて下さい。社会は基礎力を充実させるため、地図・年表を使った作業や、歴史新聞などの資料を活用した授業を行っています。

内部進学

成績と学習意欲が総合的に判断され、内部進学が決定します。

神田女学園高校

英語

特別進学(エクシード)コースでは、英語特講が必修です。この授業では、入試問題に取り組み、長文読解のコツや解法を身につけます。
一方、総合進学コースの英語は、基礎づくりに重点を置いています。

国語

特別進学(エクシード)コースの授業では、記述力を養うとともに、高1で漢検2級の取得を目指します。古文は高1の2学期までに文法を徹底して学び、3学期には敬語を完成させ、高2から入試問題に入ります。
総合進学では、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を育てます。数学は、基礎・基本を重視しつつ、必要に応じて中学までの内容を振り返りながら、授業を進めます。

数学

特別進学(エクシード)コースの授業は、センター試験を意識して演習を行っていきます。
理科もセンター試験を意識し、高3には演習中心の授業になります。その他、放課後の講習も行い、入試問題演習を進めていきます。

理科

総合進学コースでは、オリジナルのプリントで内容を深め、問題演習を行っていきます。計算問題などの分野も苦手にしないよう、学力の定着を図っていきます。授業で習った問題は、必ず一度自力で解いてみるとともに、オリジナルプリントを中心に復習することが大切です。

社会

特別進学(エクシード)コースの儒教では、論述対策までしっかり指導されます。授業の始めには、必ず小テストがあるので、復習は徹底して行うようにしましょう。受験に役立つノート作成法や入試で問われるポイントも教えてくれるので、集中して授業に参加するようにしてください。総合進学コースは特進コースと同じく、入試にも対応できる論述対策をしていきます。また、入試問題演習も行います。

ページトップへ