京華中学校・高校

学校写真

京華中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、京華中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
京華中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

京華中学校・高校について

京華は、建学の精神に「英才教育」、校訓に「Never Die」(目的・目標に向かってやり抜く意志力・行動力)を掲げています。
「自立・自律し、コミュニケーション力とチャレンジ精神を持った、社会で有用な人材を育てること」を目指して指導を行っています。

2コース制を採用しており、中1から、「一般クラス」と「特別選抜クラス」に分かれます。
一般クラスでは、基礎力を徹底させることを重視し、確認テスト・再テストなど反復学習に力を入れています。学校のカリキュラムに合わせて対策を行い、各テストで高得点を目指しましょう。
模試はベネッセの模試を利用しています。

特別選抜クラスは、一般クラスとは定期テストや模試の内容が異なります。模試はZ会の模試を利用しています。
高校進学時には、特別選抜クラスは原則として「S特進コース」に進学します。

京華中学校

授業

数学と英語は習熟度別のきめ細やかな授業

数学と英語では、習熟度に応じて複数のゼミが設定されています。発展的な学習を行う「アドバンスゼミ」、基本を学び直す「マスターゼミ」などが用意され、生徒に合わせたきめ細やかな指導が行われています。
また、授業に遅れがちな生徒に対しては、放課後に「キャッチ・アップ(指名制補習)」が行われます。

京華の授業についていくためには、予習よりも復習が効果的です。習ったことはその日のうちに復習し、分からないところは積極的に質問をして、そのままにしないようにしましょう。

補習・講習

積極的に活用しよう

京華ではフォロー体制が充実しており、授業に遅れがちな生徒には、指名制の補習や放課後の個別指導を行います。
また、7時間目講座、長期休暇中の講習・合宿、「大学出張講義」、「社会人特別授業」など、独自の教育システムを採用し、生徒の興味を深めたり、実力を伸ばしたりしています。

こういった機会を積極的に活用し、苦手科目を克服して得意科目を伸ばしたり、興味の幅を広げたりしていきましょう。

検定試験

家庭学習でも計画的な対策を

京華では、検定試験指導にも力を入れています。
中学卒業までに、一般クラスでは「英検・漢検・数検の3級以上合格」、特別選抜クラスでは、「英検・漢検・数検の準2級以上合格」を目指しています。

検定試験合格のためには、学校の授業に加えて、家庭学習でも計画的に対策を進めていくことが大切です。

評価・進級条件

宿題や検定・模試も評価対象に

京華では、テストで赤点を取ると再試があり、再試に合格できないと留年する可能性があります。テスト前には苦手な部分やテストに出やすい部分を重点的に対策して、高得点を目指しましょう。

また、評価には、テスト以外に平常点も加味されます。
例えば、一般クラス・特別選抜クラス共に、宿題の量が多く、提出状況が成績に入ります。また、検定や模試も順位が発表され、評価に加わります。
授業の予習・復習・宿題をこなせる学習ペースを早いうちに身につけ、家庭学習で検定や模試対策も進めていけるようにすることが必要です。

京華高校

大学進学

受験対策は効率的に進めるのがポイント

京華では、大学進学に向けて、高2の頃から多くの生徒が通塾しています。一定レベル以上の大学を目指す場合、学校の授業に加えて、家庭で独自に受験対策を進めていくことが不可欠です。

ただ、学校の勉強と同時に受験対策を進めると、勉強量が増え、負担になってしまうケースもあります。
状況や志望校の入試傾向に合わせて、やるべきことに優先順位をつけ、効率的に学習を進めていくことがポイントです。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ