光塩女子学院中等科・高等科

学校写真

光塩女子学院中等科・高等科のご家庭の方へ

このページでは、光塩女子学院中等科・高等科のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
光塩女子学院中等科・高等科でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

光塩女子学院中等科・高等科について

光塩女子の教育は、キリスト教の人間観・世界観を基盤としています。

多角的な視点で生徒一人ひとりの指導にあたるため、1学年に5~6人の担任がつく「共同担任制」をとっています。
また、生徒に対するきめ細かなフォローを重視しており、個人面接を学期に1回行っています。

授業は、「教科の特質」と「体系的な学び」を考慮したカリキュラムになっています。
中学受験を経た外部生と、初等科から持ち上がりの内部生との間で学力差はありません。特に、外部生は受験が終わったからといって油断せず、しっかり勉強しましょう。

数学と理科は中3で高校の範囲に入る、先取り学習を行っています。高校の範囲になると、学習内容が格段に深く濃い内容になります。
苦手分野があると、授業でどんどん取り残されてしまうので、中3になる前に、苦手分野をなくし、基礎を完璧に定着させまることが大切です。

光塩女子中学校

英語

文法は自習で補おう

英語教育に力を入れており、習熟度別に授業が行われています。
教科書は『プログレス21』を使用しています。『プログレス』は、会話に重点を置いたテキストで、文法面が弱くなりがちです。
もし、英語の理解が難しくなってきた場合には、市販の文法書などで、自主的に文法知識を補強しましょう。

プログレス対策 さらに詳しくはこちら ≫

成績を上げるためには

わからないところは、すぐに解決する

光塩女子学院は、先取り学習を行っており、中3から高校の内容に入ります。高校の内容に入ると、急に難度が上がるため、授業についていくことが大変になります。
そのため、成績を上げるためには、中1・中2の段階から、理解できていないことを積み上げないことが大切です。
しっかりと予習・復習を行い、それでも理解できないところは、先生に質問するなどして解決しましょう。

光塩女子高校

その他

上位大学を目指す場合は、自主的に勉強しよう

光塩女子学院では先取り学習を行っていますが、他の中高一貫校に比べると進度がやや遅くなっています。ただし、上位大学を目指す場合、油断は禁物です。他の受験生に遅れを取らないためにも、早い段階から意識を持って、自主的に勉強に取り組みましょう。

ページトップへ