佼成学園中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
佼成学園中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

佼成学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、佼成学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
佼成学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

佼成学園中学校・高校について

仏教の精神に基づき、豊かな心と確かな学力を兼ね備えた人材の育成を目指しています。
国数英では頻繁に小テストが実施されます。合格点に達しない場合は、補講が行われます。補講に頼ることなく、小テストで良い点数がとれるよう、復習をしっかり行いましょう。
高校になると、高2で「特進(文系・理系)コース」「進学(文系・理系)コース」に分かれ、多様な選択授業を組み合わせて履修します。英数は5年間で全課程を終了し、高3は大学入試問題演習に集中します。

また、佼成学園は自由な校風で、厳しい規律もないため、自主的に勉強を進めないと、成績を伸ばすことが難しくなってきます。
反対に、学校の授業についていけるよう、積極的に家庭学習を継続していけば、確実に実力を伸ばせます。周囲の和やかな空気に流されることなく、日々の勉強を進めることが大切です。

大学入試から逆算して、カリキュラムを練り上げています。そのため、先取り授業で、中学のうちに数学は高1課程を、英語・国語・理科は高1課程の一部を修了します。また、他教科でも中学生のうちから高校用の教材を併用します。中2からは選抜クラスも設置しています。
さらに、英数は5年間で全課程を修了します。高2からは、特進(文系・理系)コース、進学(文系・理系)コースに分かれ、選択授業を組み合わせて履修します。

このように、佼成は大学受験対策がしっかりしている学校です。ある程度の成績をとっていれば、大学受験は心配いりません。佼成で良い成績をとる ことが、大学受験対策にもつながります。
ですから、佼成のカリキュラムに沿って、授業で使用した教材を中心に、日々の勉強を積み重ねましょう。

佼成学園中学校

英語

英語はネイティヴスピーカーによる少人数授業を実施しています。手作り教材による、実践的な授業です。
中3からは習熟度別授業を行い、英検3級および準2級合格を目指します。

補習・講習

また、佼成は補習・講習講座がかなり充実しており、生徒さんのニーズに応じた多様な講習を、6年間で400も展開しています。具体的には、伸び悩んでいる場合には「指名補習」、さらに伸ばしたい場合には「希望講習」、その他「夏期講習」や「早朝補習」もあります。
さらに高3では大学入試問題演習を中心に「放課後講習」、長期休暇に「課外講習」を行います。

成績評価

佼成では、「予習・復習」「授業への集中」「宿題の提出」を重視されます。
宿題に関しては、提出状況も成績に加味されるので、しっかり提出期限を守って出すようにしてください。

ただ、佼成学園では宿題をやらなくてもあまり厳しく注意を受けることはありません。そのため、宿題を真面目にするお子さんとそうでないお子さんがどうしても出てしまい、学力差は開きやすいのが現状です。
強制されなくても、宿題には積極的に取り組む姿勢を養いましょう。

内部進学

中3の学年成績で40点未満が3科目以上あると、内部進学できなくなってしまいます。
苦手科目が1つでもあると、内部進学が非常に厳しくなってくるので、分からない問題を放置することがないようにしましょう。
そのためには、学校のカリキュラムに合わせたこまめな復習が大切です。

ページトップへ