佼成学園女子中学校・高校

学校写真

佼成学園女子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、佼成学園女子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
佼成学園女子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

佼成学園女子中学校・高校について

仏教精神を基盤としている学校です。情操豊かで知性ある女性の育成を目指し、生徒一人ひとりの個性を伸ばす教育を心がけています。

6カ年一貫のプログラムで、6年間を4ステージに分けています。
また、佼成学園女子では、英語教育にかなりの力を入れています。学校に一歩入ってから下校するまで、授業意外でも、英語に触れるチャンスをたくさん用意しています。
それにともない、中2、中3の朝読書は英語です。話すだけでなく、読み・書きの力も伸ばしていきやすい環境です。

佼成学園女子中学校

英語

授業の中で自然に英語に慣れ親しみ、英会話をマスターするため、音楽・技術・体育などの実技教科は外国人教師が英語で教えるイマージョン教育を実施しています。
また、併設高校の生徒によって、毎朝英語のスピーチ放送が行われます。さらに、放課後には、ネイティヴスピーカーが常駐している部屋で、英会話の練習をすることができます。
普通に生活しているだけで、英語が耳に入ってくる学校生活なので、自然と英語力が上がっていきます。中3にもなると、クラスの約半数が英検準2級以上を取得しています。

ただ、中にはついていけなくなる生徒さんもいるようです。学校側も補習講座を放課後に行うなどフォローはしていますが、それでも解消できないケースも多くあります。できる子とできない子との差がついてしまいがちです。

英語は、文法や単語が分かると聞き取りやすくなるので、英語についていくのが難しい場合は、まず単語・文法といった基礎を固めるようにしてみて下さい。
また、あまり身構えず、気楽な気持ちで英語を聞くことも大切です。家庭学習として、NHKの基礎英語を聞くなどして、対策していきましょう。

数学

テキストは、「体系数学(代数編・幾何編)」を使用しています。
中2から、はチームティーチングや少人 数習熟度別などの生徒の能力に応じた授業を展開しています。
授業ごとに毎回宿題が課されるので大変です。チェックもされるので、授業が終わった当日に、家庭で宿題をする習慣を整えていきましょう。
復習は早い段階で行うのが効果的です。授業で分からなかったことは、早い段階で質問し、次の授業までに解決するよう心がけることが大切です。

内部進学

中3の2学期の成績が、内部進学に影響します。
中3までに学習を習慣づけ、効果的な定期テスト対策が行えるようにしておきましょう。
成績に問題がなければ、高校へ進学できます。

ページトップへ