共栄学園中学校・高校

学校写真

共栄学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、共栄学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
共栄学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

共栄学園中学校・高校について

「清明・誠実・創造」を建学の精神とし、「知・徳・体(あたまとこころとからだ)が調和した全人的な人間育成を目指し、協調性や社会性に富んだ創造性豊かな生徒を育てること」を基本理念としています。

共栄学園では、独自の学習プログラムを編成しています。中学では、国数英の復習を中心とした朝学習を行っており、長期休業中には、特訓講座を展開し、授業の補強・補習を行っています。
ネイティヴ講師による「本物にふれる」英語の授業も展開しています。

中1から「特進クラス」「進学クラス」に分かれています。
中3まで、両クラスの授業進度はそろっていますが、「特進クラス」の方が、より発展的な問題を学びます。「進学クラス」は、基礎学力の徹底理解に主眼を置いています。
また、「特進クラス」は、放課後の「長期休暇中の特訓講習」「勉強合宿」などが行われます。(進学クラスは、希望制で自由参加)

共栄学園高校

コース編成

高校になると、「特進クラス」は国公立難関大学、早慶上智をはじめとする難関私立大学への進学を目指す「特進コース」、「進学クラス」は基礎学力の定着と向上を目指し、大学受験向けのバランスのよいカリキュラムを組んだ「文理コース」と名を変えます。
高校は上記の2コース制で、「特進コース」の中から成績上位者が「選抜クラス」に入ります。

「文理コース」は、高1・2・3それぞれ進級時に、本人の希望と学力適正により、「特進コース」へ移ることが可能です。
高2から、「特進選抜クラス」「特進文系クラス」「特進理系クラス」「文理文系クラス」「文理理系クラス」の5クラスに分かれます。

高校になると、進路目標別の2コース・5クラス制で、週6日通常授業を展開しています。
「学力向上プログラム」として、外部講師による学内塾「共栄スーパージム」や、大手予備校の「サテライト講習」、夏期・冬期・春期休暇中に行われる「特訓講座」「TUK(東大合格会)」「勉強合宿」などを行っています。

大学進学

共栄学園は、大学受験を念頭にした授業を展開し、学校だけの勉強で大学合格できることを目指しています。
とくに特進クラスは授業内容もハイレベルなので、授業についていくためには、毎日の予習・復習が必須です。進度の合わない塾・予備校で学校の授業をフォローしていくのはかえって生徒の負担になることもあるので、できるだけご家庭で、共栄学園の独自カリキュラムや授業進度に沿って、学習を進めるようにして下さい。
ただ、共栄学園の勉強だけで大学受験対策が十分かと言うと、そうでない場合もあるようです。大学進学を目指す場合は、授業プラスアルファの勉強が必要となってきます。早め早めに大学受験対策をされてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ