日本大学第一中学校・高校

学校写真

日本大学第一中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、日本大学第一中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
日本大学第一中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

日本大学第一中学校・高校について

「真・健・和」を校訓とし、世界に役立つ立派な人間の育成を目指しています。家庭と連携し「しつけ教育」に力を入れています。

中学から先取り学習を取り入れて、効率のよい授業を行っています。主要教科(英数国など)に偏ることなく、基礎学力の充実と向上に重点を置いています。
中2から習熟度別授業になります。英会話の授業では、外国人講師によるチ-ムティーチングが行われます。
授業についていけなくなった場合は、放課後や夏休みに補習があります。積極的に補習に参加して、分からないことをそのままにしないようにしましょう。

日大一では、他大学受験をする生徒にも配慮し、定期試験以外に実力テストや模試を実施しています。また、大学付属のメリットを生かし、長期休業中に医歯薬の各学部に対し、体験入学を実施しています。

大学付属とは言っても、日大進学へエスカレーター式に進めるわけではなく、「基礎学力到達度テスト」を受けなくてはいけません。
高3を対象に行われる「基礎学力到達度テスト」と、高校3年間の成績が加味され、日大各学部からの要求水準に達した生徒だけが日大への推薦入学を許可されます。

この基礎学力到達度テストは日大一の生徒さんが日大を目指す上で、とても重要な最後の関門です。
これをクリアし、希望の学部・学科に入学するために、早い段階で対策をしておくことをお勧めします。間際になって詰め込みで勉強しても、十分な成績はとれません。日頃から予習・復習をしっかり行って、その都度学習内容の定着を図っておきましょう。

ページトップへ