日本橋女学館中学校・高校

学校写真

日本橋女学館中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、日本橋女学館中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
日本橋女学館中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

日本橋女学館中学校・高校について

「質実剛健」を建学の精神として掲げ、心身ともに健康な女性の育成を目指しています。
一人ひとりが積極的に学習や学校行事に参加する「参加型学習」を導入し、ディベート、テーマ学習、フィールドワーク、芸術鑑賞会などを積極的に実施しています。
日本橋女学館では、高校に上がると進路希望に応じて、早稲田大・上智大など超難関大学進学を目指す「難関大学進学コース」、MARCHレベルの進学を目指す「進学コース」、「芸術進学コース」の3コースに分かれます。

また、週に3回、放課後に自学自習の時間を設定しています。この時間に、苦手科目の克服に取り組んだり、実力を伸ばしたりしていきます。

さらに、高1になると、大学受験のため、「ナイトスタディ」という講座も始まります。この講座は、一般入試に向けた実践的な内容です。塾・予備校に通わずに、大学受験に対応できる実戦力を養うための講座となっています。

このように、カリキュラムもしっかりしており、真面目に勉強に取り組む生徒さんが多い日本橋女学館ですが、難関大学への進学はなかなか難しいようです
4年制大学への進学を目指すのであれば、学校の授業についていくのはもちろんのことですが、それプラスアルファの勉強を独自に進めていくようにしましょう。

日本橋女学館中学校

英語・数学

英語は中1から習熟度別クラスで、理解度に合わせて授業を受けることができます。一方、数学はチームティーチング制で、生徒一人ひとりに目を行き届かせた授業を行っています。また、中2からは英語と同じく習熟度別授業になります。

定期テスト・小テストなど

日本橋女子では、単元ごとに小テストや復習テストが頻繁に行われます。プリントも豊富に配られます
定期テストでは、どの教科も発展問題を中心に出題されるので、基礎学力を身につけた上で応用力を磨いていく必要があります。とくに英語と数学は進みも速く、発展問題も多いため、ついていけなくなるケースも多いようです。英語・数学に関しては、ほとんどの生徒さんが通塾しています。
そのためか、問題が難しい割に定期テストの平均点は高くなっています。発展・応用問題だからといって諦めず、真剣に取り組むことが重要です。どうしても分からないときは、基礎や前単元にまで戻って復習し直してみましょう。

ページトップへ