新渡戸文化中学校・高校

学校写真

新渡戸文化中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、新渡戸文化中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
新渡戸文化中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

新渡戸文化中学校・高校について

新渡戸イズムを継承し、「凛(りん)格(かく)」のある女性へ成長させることを建学の精神としています。
「センス・オブ・プロポーション」(違いを認め合う心)と「3H精神」(Head=活[はたら]く頭、Hands=勤しむ双手[もろて]、Heart=寛[ひろ]き心)を2つの柱として実践し、国際社会で通用する女性の育成を目指しています。

基礎力の充実と学習習慣を身につけることに重点を置いています。躾・マナー等も身につけるため、心の教育も行っています。

6か年一貫教育のメリットを最大限に活かし、従来の学習内容を減らさずに演習を多く取り入れています。
調べ・発表する「リサーチ&プレゼンテーション」を実施し、表現力を養う(国・社・数・理・英)ことにも力を入れています。

社会・理科・美術では、校外で体験学習をする「フィールドトリップ」を実施しています。
土曜日は主に主要5教科で、平常の授業の延長として実施しています。この土曜日に、多くの演習を取り入れています。
英語・数学・国語の主要3教科に関しては、個人的に補習を行っています。その他にも、夏期休業中には約2週間の指名補習および希望講習を実施しており、生徒の学力伸長に努めています。
こうした補習・講習には積極的に参加し、自分の苦手の穴埋めや学力伸長のために役立てるようにしましょう。
また、学校のカリキュラムに合わせて、予習・復習を継続して行える学習ペースを確立することも大切です。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ