お茶の水女子中学校・高校

学校写真

お茶の水女子中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、お茶の水女子中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
お茶の水女子中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

お茶の水女子中学校・高校について

お茶の水女子では、「自主自立の精神」の育成をモットーとし、生徒各自が時間割を作成する「OWNプラン」という選択学習期間を年2回設定しています。
クラスは、基本的に蘭・菊・梅の三つで、国際理解教育・帰国子女教育も重視しており、1年次のみ1学年15名の帰国子女学級として松組が設置されています。

また、情報活用教育にも力を入れ、パソコンの授業を中1から行ったり、算数の授業で電子教科書を使用したりしています。
高校になると、「国際理解」「情報科学」「特設講座」という選択授業が週1回、1時間行われるようになります。

お茶の水女子の英語は、授業内容が高度です。教科書の内容説明は全て英語で行われ、授業中の発言も英語で行う必要があります。中3の選択科目「英語Ⅱ」では、さまざまなリスニング・ビデオ教材を使用し、「英語を聞く・話す」力をさらに伸ばします。
リスニング力・会話力を身につけるためには、英語に多く触れることが大切です。家庭でも英語の発音や英文のリズムを聞く機会を多く作り、英語に慣れ親しんでおきましょう。

お茶の水女子では、勉強は基本的に生徒の自主性に任されています。そのため、積極的に自分で学習の計画を立てていくことが不可欠です。
お茶の水女子で良い成績をとるためには、自分に合った学習方法を早いうちに確立し、明確な目標を持って、計画的に勉強を進めていきましょう。
特に、男子は併設の高校がないので、高校受験を目標に、早くから勉強に取り組むことが大切です。

お茶の水女子中学校

英語

家庭学習でも英語に触れよう

英語は、教科書『トータルイングリッシュ』を使って授業が進みます。
教科書の内容説明は全て英語で行われ、生徒も授業中は英語で発言します。中3の選択科目「英語Ⅱ」では、さまざまなリスニング・ビデオ教材を使用し、「英語を聞く・話す」力を更に伸ばします。

リスニング力・会話力を身につけるためには、英語に多く触れることが大切です。家庭でも英語の発音や英文のリズムを聞く機会を多く作り、英語に慣れ親しんでおきましょう。

内部進学

12月の内部試験は早めの対策を

附属の高校進学にあたっては、中3の12月・2月に内部試験が行われます。例年、8割程度が内部進学します。
男子は他校へ進学します。

内部進学には、12月の内部試験で良い成績を取ることが必要です。勉強する範囲が広いので、計画的に対策を進め、苦手な部分を重点的に学習するなど、効率的に勉強していきましょう。

ページトップへ