桜丘中学校・高校

学校写真

桜丘中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、桜丘中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
桜丘中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

桜丘中学校・高校について

成長力・伝達力・探究力という3つの力をバランスよく伸ばし、「自立した個人」を目指しています。
国公立・難関私立大を目指した進学教育と英語・インターネットを活用した教育を実践しています。

桜丘では、できる子とできない子との差はかなり開きがあります。自主的に勉強して行こうという姿勢の生徒は伸びていける環境なので、周りと切磋琢磨するようにしましょう。

現状、成績が奮わなくても、諦める必要はありません。桜丘では手厚いサポート体制が受けられます。
なかでも、「進学講習」と呼ばれるものがあります。講習の中には、放課後や長期休暇中には、弱点補強を目的としたものから、受験直前対策まで様々なレベル設定や進路目標に合わせたものまでがあります。
テキストは先生が作成したオリジナル教材などを使っているため、授業で使った教材を基に復習を進めましょう。

桜丘中学校

英語

英語には大変力を入れており、「使える英語」の指導を行っています。
英語の毎授業時には小テストが行われ、単元ごとのテストなどでは基礎力を固めます。
いずれのテストもこれまでの学習範囲の復習になる内容なので、しっかり点数をとっていけるよう勉強しましょう。小テスト・単元テストを学習のペースメーカーにすると、家庭での学習もやりやすくなります。

数学

数学は一般的な公立中と比べると、1.5倍の授業時間があります。これはどんどん先へ進むためではなく、基礎・基本を大事に学習するためです。学校のカリキュラムに合わせ、予習復習を確実に行えれば、実力を伸ばしていけます。

また、全学年で毎週1回計算力を養うために計算トレーニングを実施しています。このトレーニングで速く正確な計算力を身につけていきましょう。

内部進学

内部進学基準(5教科内申点14以上)をクリアすることが、内部進学の条件となります。また、入学試験も受験する必要があるので、高校受験で入学してくるお子さんたちと同等の学力を身につけておいた方が良いでしょう。
高1から、内進生と外部受験生とは混合クラスとなるので、中1~3の範囲は、高校進学前に総復習しておくことが、高校で上位の成績をとるコツです。

桜丘高校

英語

高校での英語は、読解に重点を置いており、「Graded Readers」という英語の小冊子をテキストにしています。生徒は自分の英語レベルや興味・関心に合った冊子を選んで読み進めることで、文法事項を確認しながら復習し、読解スピードを上げていきます。

国語

国語は高2までに教科書レベルの範囲を終わらせます。高3からはオリジナルの問題集や選りすぐりの大学入試問題を通して、実践的な演習授業を展開していきます。
また、模試のデータ分析によって生徒の弱点を洗い出し、課題を与えてチェックするなど、生徒一人ひとりに対応する指導を心掛けています。
高3では、生徒の目標進路に応じたオリジナルテキストで演習を行っているので、実践力を養い第一志望校に合格するためにも、しっかり取り組みましょう。

ページトップへ