青稜中学校・高校

学校写真

青稜中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、青稜中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
青稜中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

青稜中学校・高校について

「社会に貢献できる人間の育成」を建学の精神とし、主体的に生きる「個」の確立を目指しています。「意志の教育」「情操の教育」「自己啓発の教育」という3つの教育目標を掲げています。
高校の普通科に特別進学コース(優クラス)を設置し、進学志向を強めている学校です。

中学では、主要3教科の授業時間を、公立中の1.6倍に設定しています。

国数英は、授業以外にも放課後講習を実施し、学力の定着を図ります。また、月曜日は「質問の日」とし、放課後に生徒の疑問や質問に個別に対応しています。分からない単元・分野が出て来てしまったら、積極的に月曜の「質問の日」を利用しましょう。

高校になると、国公立・難関私立大学への進学に対応するカリキュラムになります。
高2からは、英・国・地歴を重点的に学習する文系、英・数・理を重点的に学習する理系に分かれます。高3からは希望進路別に、より適した個別のカリキュラムを選択できる体制です。受験科目を中心に習熟度別授業を多く取り入れ、副教材も豊富に活用して受験に備えていきます。演習形式のセンター対策授業もあります。

その他にも、放課後講習、補習、サテライト授業、長期休み中の特訓進学講座などがあるので、積極的に活用していきましょう。
指名制の補習以外は自由参加なので、自ら学ぼうとする生徒にとっては、成績を伸ばしやすい環境です。一方、学習習慣がついておらず、勉強に消極的な生徒にとっては、成績を伸ばすのに苦労するケースもあります。
毎日少しずつでも良いので、継続して学習する癖をつけることが大切です。まずは青稜のカリキュラム・特殊教材に即した対策をし、効率良く学習を進めてみてはいかがでしょうか。

青稜中学校

英語

英語は、少人数の習熟度別クラスです。早朝学習(希望制・英会話)を週1回実施しています。習熟度別の授業なので、習熟度の低いクラスには、手厚いフォローをしており、何度でも丁寧に繰り返し指導します。

中学の学習範囲で、分からない単元を残さないことは非常に重要です。高校では大学受験に余裕を持って立ち向かえる力を養うため、豊富な演習教材で鍛錬します。

数学

数学は、習熟度別クラスです。中1・2で中学の学習範囲を全て終え、中3には高1の数学を終了します。
進度が速いため、毎日の予習・復習は効率良く進めていかないと大変です。分からない単元を残さないようにし、高校の範囲に入る前に、中学の学習範囲の基礎は固めておくようにしましょう。

国語

国語は、オリジナルテキストで古典を学習します。また、独自教材「表現ノート」による文章作成の授業があります。この授業では、日本を代表する作品の書写や、新聞作り、人生相談など、多様な取り組み方をすることで自己表現の幅を広げていきます。この自己表現力は、高校レベルの論文作成の基礎になりますので、真剣に取り組むようにしましょう。
漢字については、漢字確認テストを国語の単元終了後に実施します。漢字検定にも対応する内容になっていますので、しっかり勉強してテストに臨むようにしましょう。他にも、硬筆の実技指導なども取り入れています。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ