芝浦工業中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
芝浦工業中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

芝浦工業中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、芝浦工業中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
芝浦工業中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

芝浦工業中学校・高校について

「敬愛の誠心」「正義につく勇気」「自立の精神」を校訓とし、想像力をもち、分別力のある人間を育てることを目指しています。 男子の特性と、発達段階を見極めた体系的なカリキュラムに特徴があります。

理数・情報・英語教育に力を入れており、サイエンスアワー(理科実験、自然観察など)とランゲージアワー(言語力の養成講座)を実施しています。

芝浦工業では、中1から高2まで、技術・情報の授業を通して、コンピュータを利用した情報処理やプレゼンテーション能力の向上を目指しています。また、機械制御の初歩的な技術も習得していきます。

中2の科目は、国語、地理、歴史、数学甲(代数)、数学乙(幾何)、技術家庭、理科1、理科2、英語コア、英リーディングとなっています。中3は社会が公民に代わっている以外、他は変わりありません。

3学期制、50分授業。10月上旬から2学期中間テスト。

中3は9月7日に全員で2週間ほど海外教育旅行に行きます。アメリカのシアトルでホームステイの予定です。

成績は学期ごとに10段階の評価がでます。学校から言われている進学基準は「1学期赤点を取らないこと」、「出席日数が足りていること」ですが、個人により異なります。

高2の後期で、「芝浦工大推薦希望コース」「他大学進学希望コース」のいずれかを選択します。 推薦コースは、大学準備教育に特化した内容で、大学進学後もスムーズに学習できることを目標にしています。進学コースでは受験問題演習中心の授業を行い、希望大学の現役合格を目標に徹底的に指導しています。

授業のレベルも高く、ついていくのが大変ですが、基本的なことから少しずつ積み重ねていくようにしましょう。まずは毎日の予習・復習を欠かさず行うこと。そして、芝浦工業のカリキュラム・特殊教材に即応した対策で効率良く学習を進めていくようにして下さい。

芝浦工業中学校

数学

数学は「数学甲(数量)」「数学乙(図形)」に分けて行い、独自のカリキュラムで基礎基本の定着を図っています。教科書は『数学Ⅰ(東京書籍)』『数学A(東京書籍)』『ニュースコープⅠ+A』『ウィニングフィニッシュ』を使用。数学で良い成績をとるためには、この独自のカリキュラムに合わせて対策していくことが大切です。
また、数学では「完成ノート」「確認テスト」で理解度の確認を行っています。この確認テストは10点満点で、いい方から順番にA~Cで評価されます。着実に得点ができるよう、授業で習った内容を即日復習するようにしてください。
また、応用クラスと標準クラスがあります。両クラスとも学習進度は同じですが、応用クラスの方がレベルの高い問題を授業内で扱います。難関大学への進学を目指すのであれば、できるだけ応用クラスに入っておくことが必要です。              

             

定期テストでは、主に教科書や問題集から同じような問題が出題されます。前半は計算問題等の基本問題で、後半は裏面で標準から応用問題です。前半でしっかり点数が取れれば平均点以上が取れるテストになっています。              

             

宿題や課題は、まとめて宿題の範囲(問題集)が出されて、テスト前に提出します。              

英語

かなり力を入れている英語では、中1・2で授業時間を週5時間確保しています。その他に週2時間、「英語総合」を実施しています。この授業では、実践的な英語の習得を目指し、バイリンガルティーチャーのもとでコミュニケーション能力を高める授業を展開しています。 使用教科書は『NEW CROWN』『Talk&Talk』です。

定期試験では、英リーディングは長文は教科書から2題、英作文が1題、単語問題が1題(範囲が決まっている)。英語コアは単語の問題。文法系の問題、会話分、長文問題等総合的に出題されています。

また、「英単語コンテスト」を年5回実施しており、「English Oratorical Contest」は年1回実施しており、多くの生徒が積極的に参加し、英語によるスピーチや暗誦を競う機会になっています。
さらに、英検TOEIC Bridgeの受験を強く奨励しています。大学推薦の基準は英検準2級です。
このように、英語教育はかなりハイレベルです。英語に苦手意識を持つことがないよう、興味を持って積極的に学習に取り組んでいくようにしましょう。分からない内容が増えてしまうと、英語を楽しむことが出来なくなってしまうので、気をつけて下さい。日頃から、英語を聞き慣れておくようにしましょう。

内部進学

高校へ進学するためには、一定以上の成績をとることが必要です。評定2で赤点です。

芝浦工業高校

数学

高2で、芝浦工大への推薦進学を目指す生徒に対しては、大学の授業に十分対応できる学力を習得させる授業を行い、他大学受験を目指す生徒に対しては、基礎学力の充実を図る授業を行います。高3では、各生徒の希望に合わせた指導を行い、志望校合格を目指しています。

大学進学

高校3年間の平常授業と、高3の11月の推薦試験の結果を見て、基準を超えていた生徒が芝浦工業大学に推薦入学できます。成績優秀な生徒に限り、高3の9月に早期に推薦が決まります。
いずれにせよ、単純に全員が推薦で大学へ上がれる制度ではありません。芝浦工業大へ進むためには、上位の成績をキープしていることが必要です。

ページトップへ