昭和女子大附属

学校写真

昭和女子大附属のご家庭の方へ

このページでは、昭和女子大附属のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
昭和女子大附属でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

オンライン指導はこちら
昭和女子大附属について

昭和女子は、「世の光となろう」という目標を掲げています。「清き気品」「篤き至誠」「高き職見」を備えた人間育成を目指しています。

授業は、先取り学習を行っており、中1~高2までに中高課程を修了します。そして、高3からは、1年早く系列の昭和女子大の授業を受けられる「五修制度」、1年早く進学できる「飛び入学制度」、自主的に履修科目を選択できる制度の3つの選択肢があります。こういった附属ならではの制度を有効活用しましょう。

昭和女子は5教科の指導に力を入れています。
まず、英語は習熟度別の少人数制で授業の効率化を図っています。また、英語に親しむために、「English Room」や、全校で英語を使う「English Day」・「VST(英単語と構文のテスト)」などを実施しています。

数学も英語と同様に、習熟度別の少人数制で授業の効率化を図っています。授業とテストと復習を繰り返しながら、数検受験で実力確認を行う「ダブルスパイラル方式」を採用しています。また、理科では生物・化学系で高大連携プログラムを展開しています。

国語では、基礎力の徹底のため、「校内漢字検定試験」を行っています。
こういった試験も、成績評価の対象となりますので、定期テストと合わせてしっかり対策をすることが大切です。

昭和女子大附属中学校

宿題

早いうちに学習ペースを確立しよう

昭和女子中の特徴として、宿題が非常に多いことが挙げられます。問題集を解くという単純な宿題だけでなく、研究レポートの作成や短歌を作るなど、時間のかかる宿題も多く出されます。そのため、宿題をこなすことに追われ、毎日の予習・復習まで手をつけられず、苦労されているお子さんも多いようです。

ただ、しっかり宿題をこなすことができれば、着実に成績を上げることが出来ます。宿題に振り回されないよう、なるべく早く学習ペースを確立していきましょう。

昭和女子大附属高校

カリキュラム

大学附属ならではの制度を有効活用しよう

大学附属ならではの制度として、「五修生制度」があります。この制度を適用すると、中高部に籍を置いたまま、1年早く昭和女子大学の授業に参加することが可能です。また、成績優秀者は、昭和女子大へ飛び入学できる制度もあります。こうした大学附属ならではの制度を有効活用しましょう。

内部進学

評定3.6以上を目指すこと

昭和女子大へは全員が進学できるわけではなく、定員があり、成績順に内部推薦枠は埋まります。ほとんどの生徒が内部推薦枠を確保したまま、他大を受験します。
そのため、評定が最低基準ぎりぎりだと内部進学が厳しくなります。内部推薦を希望されている方は、最低でも評定3.6以上を取れるよう、学校の授業の対策を行いましょう。

他大受験

学校の勉強と受験勉強を両立させる

系列大学への進学権利を持ったまま、他大学を受験することができます。ただ、他大学受験をされる場合、学校の勉強以外にも、独自に受験対策を進めておく必要があります。効率良く宿題をこなし、受験勉強をする時間を捻出してください。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方は『指導タイプ:オンライン指導』を選択してください。
お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1636021(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
指導タイプ
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部以外にお住まいの方はオンライン指導を選択してください。
お子さんの学年    
学校名
利用教科書
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ