貞静学園中学校・高校

学校写真

貞静学園中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、貞静学園中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
貞静学園中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

貞静学園中学校・高校について

「至誠・和敬・慈愛」を建学の精神としています。「確かな学力の習得」「豊かな人間性の育成」「健康な体づくり」を教育方針に実践しています。
2011年度から共学化されました。
それに伴い、貞静学園高等学校では、5promisesとして、受験に勝つ指導体制を発表しています。その中で、特進クラスではG-MARCHクラス以上の合格する力をつけることを約束しています。

中学では、基礎学力の定着・学習習慣の養成を目指し、主要科目の履修時間を多く設けています。
また、英語教育に力を入れています。「使える英語」の習得を目指し、ネイティヴ講師が「英会話」の授業を行います。

貞静は、授業の予習・復習、自習用の問題集で学ぶこと、計画を立てて学習する習慣を身につけることをとても大切なことだとしています。
そのため、3年間「毎日の記録ノート」を使って学習習慣の習慣づけを目指しています。「毎日の記録ノート」には、生徒の学習意欲を高めるコメントが、日々担任から送られます。
また、朝学習と放課後補習、長期休業中の講習で、補講と発展学習に取り組むことができます。

高校課程の大学進学コースは、「特別進学クラス」「総合進学クラス」に分かれます。
大学受験に向けた対策を行っており、補講・講習・受験指導が充実しています。予備校講師による受験講座や、校内模試・予備校模試も実施されます。

その他、英検や漢検など、検定試験の受検を推進しており、検定対策のために特別講習も開講しています。また、TOEIC講座も開講しています。この講座で、TOIECスコアのレベルアップを目指しています。

このように、大学受験対策にもサポート体制にも力を入れている学校ですが、大学進学を目指す場合、どうしても学校の勉強だけでは不十分になってきます。
大学進学を目指すのであれば、学校だけに頼るのではなく、早い段階から大学受験対策に自主的に取り組んでいった方が良いでしょう。
学校の勉強は、カリキュラムに合わせて効率良く行い、残った時間で大学受験対策を進めるようにしてみて下さい。

貞静学園中学校

定期テスト・その他テストについて

主要5教科を定着させるために、主要5教科の講座が中間試験・期末試験の一週間前から開かれます。この講座を利用し、積極的に質問をして、試験本番までに分からない単元は消化しておくようにしましょう。

毎日の授業で行うテスト結果や習熟度状況によって、再テストや指名補習も行われています。生徒が希望する場合も、放課後にサポートを行っています。とても面倒見の良い学校です。ただ、しっかり授業についていってないと、再テストや指名補習に追われてしまうことになりかねないので、自分のペースを保って、計画的に学習を進められるようにしておきましょう。

また、テストも実施しています。英語のリスニング・単語テスト・漢字テスト・数学計算テストなどを朝の時間を使って実施しています。反復練習やこまめな定着確認にも良いので、この朝のテストをペースメーカーに自主学習を勧めるのもオススメです。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ