東京女子学院中学校・高校

学校写真

東京女子学院中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東京女子学院中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東京女子学院中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東京女子学院中学校・高校について

「感性教育」と「知性教育」を2本柱として、社会で活躍できる「品格ある女性」の育成を目指しています。

英語教育に力を入れており、授業時間数が多いことに特徴があります。「英語を英語で学ぶ」を掲げ、外国人教員と英語科教員が一体となって「TJG英語」を推進しています。

中学の定期テストは、教科書の内容が中心に出されます。試験前は教科書を重点的に復習するようにしてください。
高校になると、教科書レベルを超えた応用・実力問題(時事問題)もテストに出るようになります。授業内容をきちんとメモし、ノートを復習して点数をとるようにしましょう。

推薦やAО入試にも対応できるよう、高2から小論文を学びます。高3からはかなり実践的に学ぶので、推薦・AО入試を突破できる実力を養うことができます。

東京女子学院中学校

英語

テキストは「英語を英語で学ぶ」という基本コンセプトに基づき、英語のみで書かれたものを使用しています。宿題や日記もすべて英語です。
担当教師も外国人で、授業が充実しています。とくに、これからは「Reading English読める英語、Writing English書ける英語」の充実を実践していくとしています。
また、英語の図書館「English Room」があり、イギリスやアメリカから取り寄せた洋書を生徒が自由に読むことができます。
授業についていくためには、英語に慣れ親しんでいくことがとても重要になってくるので、「English Room」を活用し、易しい物語から洋書を読んでみてはいかがでしょうか。

国語

国語は、高3になると入試問題演習に入ります。オリジナルテキストを用い、年間100題以上の問題演習を行うので、全てきちんと出来れば実力アップが目指せます。オリジナルテキストを何度も繰り返し、隅々まで理解できるようにしましょう。

社会

社会では、適宜、小テストを実施します。単純な一問一答形式ではなく、記述問題もありますので、しっかり対策していきましょう。

内部進学について

卒業できれば、全員高校へ進学ができます。進学の可否には関係ありませんが、一般入試も受けます。

学校別傾向と対策 382校掲載

お子さんの学校をお探しください。

お名前
例:鈴木二郎
ふりがな  例:すずきじろう
郵便番号  例:1500002(ハイフンは不要です)
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)
資料のお届け先  
例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
電話番号  例:0312345678(ハイフンは不要です)
メールアドレス  例:suzuki@mail.com
お子さんの学年    
利用教科書
学校名
ご質問・お問合せ内容について(250文字以内)
ページトップへ