東京家政学院中学校・高校
指導実績全国ナンバー1
東京家政学院中学校・高校の生徒さんへ!
定期テストの成績を保証します!

学校写真

東京家政学院中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、東京家政学院中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
東京家政学院中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

東京家政学院中学校・高校について

校章に象徴されているK(知)・V(徳)・A(技)の精神のもと、社会で自立できる女性を育成することを建学の精神としています。

東京家政学院は、少人数のクラス編成に特徴があります。また、朝テストで学習習慣を身につけるよう指導しています。

2010年度から他大学受験をしたい生徒の希望に幅広く答えるため、「総合進学コース」と「特別進学コース」の2つのコース制を採用しており、現在では中1から「総合進学コース」と「特別進学コース」に分かれます。

「総合進学コース」は、基礎学力を定着させ、応用力を身につけるコースです。基礎からきちんと理解できるよう授業を進め、復習を何度も重ねて、ゆっくり確実に基礎を定着させます。また、各教科で小テストを頻繁に行い、完全に理解できるまで繰り返し学習を行います。さらに、夏期・春期講習で学力面をバックアップしています。
高2から文理に分かれ、大学受験を目指していきます。

「特別進学コース」は、難関大学への現役合格を目標にしたコースです。学習スピードを速めた先取り授業となります。
たとえば、英語では英文法、数学では数学Aの一部、国語では文語文法などが先取りです。高校の授業範囲を早く終え、高3では演習中心の授業を増やします。
授業進度が速いので、学校の授業についていくのが大変ですが、学校側も授業時間を7時間に増やすなどして、無理なく学力アップができるよう配慮しています。
高2になっても、文理には分かれません。文系も理系も、センター受験を視野に入れて学習し、英語ではリスニングを重視して指導を行います。また、通常のカリキュラムに英語の演習を加え、受験に必要な英語力を身につけさせます。

総合進学、特別進学コースどちらのコースも、国公立志望者に(5教科7科目)に配慮し、高2からは選択授業で柔軟に対応しています。
また、どちらのコースも生徒一人ひとりを丁寧に指導してくれます。分からないことも分かるように、学習フォローとしての補習・講習も複数設置されています。

たとえば、夏期・春期講習。これらの講習では、学期のまとめとして総復習を行っています。授業では習わないワンランク上の学習にも挑戦できます。高校になると、センター試験対応の講習も開かれます。
また、高校では、高1から放課後を利用して行う「受験講習」が開講します。この講習では、大学入試の過去問にも取り組み、早い段階で受験に備えることができます。

このように、東京家政学院は、他大学受験者に配慮したカリキュラム編成です。補習や講習など、学習フォロー体制もしっかりしているので、成績を上げるためには、積極的に補習・講習を利用してください。それだけでなく、家庭学習がとても大切になってきますので、予習・復習をしっかりして学力の定着に努めてみてください。

ページトップへ